ブログトップ

infected dream

idream.exblog.jp

明日も、実験準備室に行ってきます。

一昨日、今年初めての、the primroseのリハーサルをした。今回は、another guitarに永田太郎君。シンセベースに、佐々木亨君。そして、ドラムは、新しくmaki999を迎えて。the primroseとしては、初めての女子ドラマー。
 彼女は、今は休止中?の僕も参加していたyamyamy, 以前jupiter-g企画で参加してもらったmetro999のドラム。去年秋、プリムを再始動させてから、3人目のドラマー。一人プリムになって、4ヶ月。いろいろな人に参加してもらいながら楽しんでいる。いろいろなミュージシャンが集まって、サポートしたり、セッションしたりすることがあるけれど、自分主導のプリムでの元、メンバーの違いによりこんなに音が変わるのかと、当たり前ながら感心している。しかし、ドラマーはその中でも、顕著だと思う。
 オリジナルメンバーの、横山こうじは、独特のグルーブを持っていた。プリムは、ロックフィールドにカテゴライズされると思うのだけれど、彼の根底には、黒人音楽があったように思う。それによって、ある意味ヒップホップのトラックのようなグルーブを持っていた。それと、衣笠のなんとも言えないカテゴライズできない個性的なベースとで、プリムのリズムは支えられていた。
 10月にお世話になった、HIROTH君は、元SUPER STUPID。彼の刻むビートは、 まっすぐまっすぐ進みエモーショナルに山を超えていく!って感じだった。
 12月にお世話になった、富士森さんは、元マンボボーズ。僕は、知らないのですが、もともと大学でビッグバンドジャズをやられていたそうで、大人のクールな雰囲気があった。もう少し、時間をかけて、そのあたりのかっこよさをプリムにも持ち込んでいけたらよかったんだけれど、少々時間的に無理があって、残念にも思っている。

 さてさて、 maki999は、その辺にはいないです。彼女を最初に見たのは、もう5年以上前かな。まだmetro flavorと名乗っていたころで、彼女のプレイが良くて、ライブ後に声をかけた。それから、しばらくほそぼそと連絡をとっていたのですが、一昨年の夏、あるイベントのために自分が面白いなあこの人たちと思った人ばかりを集めて、ライブをした。それがyamyamy。
 なんとも表現しにくいのだけれど、彼女のプレイには、隙間が存在する。絵の具ですべて塗ってしまった西洋がではなく、日本画、墨絵のように、隙間が存在する。粋なんです。こんな、ドラマーに会ったことはない。プリムで、彼女の良さを最大限引き出せるようになるまでは、一緒に曲をも創り始めてからになるかもしれない。が、今度のライブは、ある意味、科学の実験みたいに感じている。この青い液(プリム)に、このオレンジの液(maki999エキス)、入れたらどうなるんだろう。シュワシュワーって煙が出て、みんながぶっ倒れるかもしれない。いや、思ってもないおいしそうな香りが漂うかもしれない。いやいや、ぼか===ン!ってなって、髪がちりちりに・・・(笑)。予測がつかない。でも、なにかおもしろい反応が起こることには違いないと、1回目のリハで確信した。楽しみだ。

明日も、実験準備室に行ってきます。
[PR]
# by kkkr | 2005-01-21 03:54

あの日も起きていた。

復興ではなく再生なら・・・。

NHKで見た、阪神大震災で子供を失ったある母親の言葉。
「復興とは、はるか(震災でなくなった子供)がいて出来ること。あの子がいない今、再生という言葉なら受け入れることができるけれど、復興は・・・」

僕は、神戸で育った。豊中市で被災した。怪我はなかった。実家は香枦園。あのバスが半分高速道路から落ちかけていた現場が見える場所だった。家族、親戚は被災したけれど、幸運にも大きな怪我などもなかった。家の下敷きになっている人がいるかもしれない街の中を、50CCのバイクで家族、親類の無事を確認するために走利続けたのを覚えています。あんなに悲しい真っ暗な空と月は見たことがないなあ。
 地震を経験をしたけれど震災のことを思い出すのは、地震が起きた時、新潟での地震、スマトラ、、、とニュースを知った時くらい。でも、家族を失った人は、一日に何度も思い出すのでしょう。
 僕は、震災がある前から決めていたため、震災の年の4月には、上京していた。そのことは、ずっと、なにか後ろめたい気持ちを持っている。神戸のために何もしていないこと。被災した人々のほとんどは、再生へと努力をこの10年してきた。僕は、被災直後に、その場所からピョンと出てしまって何もなかったかのように暮らした。それは、僕の愛する故郷を思う気持ちを語る権利がないように感じさせる原因になった。
 両親、兄弟とも上京した今は、帰らなくなった。この十年、何度か帰り、東灘区阪急御影北側、御影北小学校の隣にある祖父母の墓参りをしたのだけれど、、変わった街並、そして高台にあるその墓地からを見る生まれ故郷を見ることが僕を言葉に言い表せない気持ちにさせた。でも、全て事実。幸運にも家族は無事だったこと。被災地を出て、上京したこと。自分に精一杯だったように感じる。
 神戸の再生に、参加できなかった僕だけれど神戸を思う気持ちは、やはり変わらない。あの街を愛している。山から海へと繋がるあの坂道、御影石で積み上げられたあの長い長い塀は、コンクリートに変わってしまったけれど、思い出の中に消えることはないし、変わらないあの匂いがある。なにか、役に立てることはないか。10年を節目に、もう少し、素直に神戸を想うことが出来そうだ。

不幸に見舞われた、人々、神戸だけじゃなく、世界中で・・・
その人達の気持ちを少しでも、感じることの出来る人であり、
祈りたいと思います。

1.17.2005 
[PR]
# by kkkr | 2005-01-17 05:04

great new year!

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

正月を実家で、温泉に入り、父親と将棋をさし、花札をし(カルタではないです。笑)犬と戯れ、寝て食べて遊んで過ごしました。
 5日には初仕事(CM)を佐々木氏とlost in foundの峰子さんと終え、食事をしたのですが、甘いもの好きな僕が、食後のスイートを注文しなかったと思いきや、家へ帰って熱をはかったら8度5分。その後すぐに、39.5度という久々の高熱に見舞われました。いつものように汗をかいて熱を下げようとしたのですがなぜかあまり汗をかけず、朝まで続きあまりにもしんどかったので風呂を沸かしどんどん追い炊きをして汗をだして、やっと下げました。
 しかし、9度5分にもなるといろいろんなことを考えるもので、その時のひらめきは、かなりいいんでは?と思い込み、考えていることをMDにぼそぼそと録音してしまいました。ちょこっと先ほど聞いてみたのですが、死にそうな声をしてました。(笑)今日、なんとなく人間らしい生活へと戻ってこれたところです。
 さて、昨年末に書いたうちの楓ですが、年末の雪の降った日に写真をとりました。みてください。少し紅葉しましたよ。今は、もう葉が落ちました。もう一枚は、高速道路での空。
 
 今年は、高熱でまず最初にリセットしたし(笑)新たな気分で迎えることができました。時間の一粒一粒を愛おしく思いながら過ごしたいな。
b0060102_043249.jpg
b0060102_0432823.jpg

[PR]
# by kkkr | 2005-01-08 00:43

紅葉

12日はthe primroseでネスト、18日はKIOTOでブレッツ、そして昨日21日は440でerimbaというライブのため、リハーサルがたくさんで、ここにも来れませんでした。

 なにがなんだか良く覚えていないのですが、ライブは楽かったです。ネストの最後の新曲がなんだか、うまくいかなくて、悔しかったこと。KIOTOは、自分で自分の曲の催眠効果で、眠くなったこと。エリンバライブでは、久々のウッドベースが弾けて幸せだった。
 
 今日は一日、ゆったりと過ごしたのですが、夜中、YAMYAMYのメンバーがミルクでライブ。そして、明日も、プリムのリハ。いやあ、音楽ばっかり。体は、かなり疲れていると思うのですが、アドレナリンが出ているのでしょうか、ハイな状態です。

 そう、夏くらいに公園でお爺さんが実演販売していた苔玉が今もきれいにいてくれるのですが、それには、小さな楓の木?枝?が立っています。家の中にあるからだと思うのですが、今、紅葉してきました。紅葉になるのかなあ。奇麗な色になったら、写真をアップします。是非見てやってください。

 
[PR]
# by kkkr | 2004-12-22 19:28

今日は、12日のライブの最終リハのため、相模湖にあるスタジオへ。
朝、11時にメンバーがうちへ集合。
そして、まずは深大寺のそば屋へ。
まるで春のような、陽射しの中、中央道を西へ。
相模湖、藤野で降りる。

2時から9時まで。その間休憩、たばこを一服する程度の休憩を2回のみ。みんな、よく頑張ってくれる。

 休憩の時、「こんなに空気がおししいのに、なんでたばこで肺を汚す〜?(笑)」との僕。
 「これがまたうまいんだなあ〜」と、喫煙家の二人。
20才の禁煙からたばこをやめた僕ですが、んんん、解るような気がする。奇麗なだけの絵より、毒があったほうがおもしろい。

しかし、今の僕には、やはりチョコ。
空気がうまいのとチョコは関係がないようだ。
チョコはかっこよくないが、まあ、いい。
チョコは、毒でもないが、まあいい。
毒になるくらい食べてみようか・・・。
いや、危険、危険。

んんんんんん、眠い。
12日が楽しみ。

おやすみ。




b0060102_314538.jpg
[PR]
# by kkkr | 2004-12-11 03:16

夏目漱石

先週の話。
吉祥寺のタリーズの屋上は、天気のいい日は気持ちいい。
本を持って、リラックス。

女子大学生が二人。
「ほんと、みんなやばいよ〜。日本人イラク人質事件しらないんだよ、ケイコったら〜。」
「みんな、やばいよね〜。ユウコなんてこの間さ、凄いこというんだよ。
<え〜夏目漱石って実在の人物なの?しらなかった〜、お札のキャラクターだとおもってた〜>だって〜」爆


後ろ向きでしたが、僕の肩はぷるぷるしていたと思います。
お腹がひくひくして、死にそうでした。
お札のキャラクターってなんやねん!

いや〜。日本はどうなっちゃうでしょう。
[PR]
# by kkkr | 2004-12-03 00:00

昨日は、プリムロウズのリハでした。

 12月のライブは、前回のヒロシ君が都合悪く、富士森さんというドラマーを迎えてのライブになります。シンセベースに佐々木亨君、ギターに永田君。今回も4人です。富士森さんは、レーベル、クルーエルの人達、タンバリンズなどのサポートなどもしておられたそうです。ドラムを始めたきっかけは、大学のビッグバンドジャズのドラムとしてということで、個性派ですね。横山功志、ひろし君、ともに個性豊かなドラマーだったのですが、富士森さんも、かなりの個性派です。まだ、3時間だけのお見合い的リハーサルでしたが、とても楽しかったです。外見どおり、とってもクールで、なんか知性を感じるような感じのプレイ。そして、ちらっと見せた熱い感じ。、どんな、プリムになるんでしょう。楽しみです。
[PR]
# by kkkr | 2004-11-28 01:57

ファンタスティポ

久々の日記を・・・

映画の音楽をまた一山越えました。
映画のタイトルは「ファンタスティポ」。
なんとジャニーズ、キンキキッズの堂本剛、え〜あと、トキオだっけ国分太一が出ています。
 監督が、DIESELの音楽をやったときの映像監督です(ディーゼルのあの作品は、ベスト5にはいったとのこと)。テーマソングを除く映画全体の音楽を最近、相棒と化している佐々木亨氏が担当をしており、そのうちの何曲かを僕が参加、曲提供しているというわけです。ほとんどの曲が、歌はないのですが、2曲だけ、歌入りがあり、そのふたつを作曲、作詞(英語)をしました。女性の声が合うようだったので、岡北有由さんに歌ってもらいました。
 今まで、自分の曲を人に提供したことはあるのですが、日本語の詞がついたり最初からその人のイメージで書いたりと、前提が自分の手から離れていくという感じだったのだけれど、今回は、いわば、マッシブアタックがシンニードに歌を・・・的な感じで、初体験でした。彼女の才能を改めて感じました。来月、ロンドンに渡り、しばらく帰って来ないそうです。
 映画の音楽は、ずっとやりたいと思っていたから、とても楽しい。ジャニーズとプリムロウズ、かなり距離感はあるものの、やってみると、かなりいい感じです。来春公開予定です。ジャニーズ系の映画館での公開ということで、なかなか、行くには勇気がいりそうですが、(もちろん僕は見に行きますが(笑))よかったら、気にとめておいてくださいね。
[PR]
# by kkkr | 2004-11-25 23:40

降ってきますように・・・

今、来年公開されるある映画の音楽制作に関わっていて、その映画での重要なシーンで使われる曲の英語詞を書かなければならないのです。明日の午後に、ネイティブのチェックをしてもらい、その後、レコーディング。今回は、女性ボーカルでという注文があるので、僕は歌わないんだけれど。
 で、いつものように、ぎりぎりです。朝から、「書かなきゃ、書かなきゃ、、、」と呪文を唱えるように心の中で呟きながら、他のことをしています。掃除とかはじめちゃって、バルコニーまでやっちゃたりします。今日は、雨上がりなのでしていませんが。
 学校時代に、友人で、やらなきゃ行けないことは先に済ませてしまうことのできる人が何人かいました。夏休みの宿題なんか、最初の1週間で済ませてしまう。時には、日記まで。(笑)今でも信じられない。みなさんは、どうですか?
 しかし、こういう状況はいつものことで、いつも「本当に出来るのか!」といつも思うのですが、最後の最後にどっと吹き出てきて、仕上げてしまう。こういう経験の積み重ねが、「いやいや、僕には、出来る。出来る。出来るはず」という呪文のような、自信のようなものになっているのでしょうね。やれる自信があるから、やらないのか、本当に出てこなくて、最後まで、ぎりぎりまで、じたばたしているのかは解らないところ。いつも、降ってくるのを待っているのです。
今日も、降ってきますように。(笑)
b0060102_1717132.jpg
[PR]
# by kkkr | 2004-11-12 17:17

Quiet lifeとモーターサイクルダイアリーズ


b0060102_213523.jpg
もう、15年ほど前に作った曲にQuiet life というのがある。
今日、目にとまった写真集があった。同名。
Quiet life/Cacadu Village,Eastern Ca
著者: 前田春人 出版社:青幻舎

アパルトヘイトにより、土地を奪われた人達が移り住んだ痩せた土地での生活。
ものに溢れた僕らの生活とは、対照的な生活。
厳しい生活を強いられたに違いない老人達の顔は、虐げられたににも関わらず、誇り高い顔をしている。地平線と空の狭間に生きる美しい人達の生活をモノクロームで納めている。

b0060102_2152235.jpg
仕事の時間調節もあったことから、幸せにも見れた映画
モーターサイクルダイアリーズ
これは、キューバ革命のヒーロー、チェ・ゲバラが学生時代の南米バイク旅行時に残した日記が元になった映画。

この映画の主役は、エルネスト(チェの本名)達二人ではないかもしれない。言葉も与えられないで、登場する役の名前さえあるのかどうかわからない、多くの南米の人達。彼らの顔は、明らかに、先進国と呼ばれる国に育った人間にはない顔があった。険しさ?悲しみ?苦しみ?こんな陳腐な言葉では言い表せない表情があった。そして、それらは一瞬、醜く見える。顔を背けたくなる。しかし、背けたくなるのは、そういう表情を見たくないのは、先進国人が蓋をし続けて来た、無視し続けて来たものを直視することからの逃避ではないかと思った。醜いのは、僕の心であって、彼らの顔は美しい。
 最後の最後に現れる老人。彼こそ本物のエルネストの相棒アルベルト。映画の中のアルベルトも魅力的だったが、本物はやはり本物だった。彼の顔に深く刻まれた皺(しわ)は圧倒的だった。

あと、もうひとつ。音楽が最高。


こららの本、映画の中の人達の顔には、深い深い皺(しわ)があった。そして、光り輝く目、頬、額・・・。
以前、東北を旅行したときに、温泉に入ってきた老人の体を見て驚いた。ゴリラのように曲がった腕、背、股。筋肉に覆われていた。顔には、深い皺が刻まれていた。農家の老人だと思う。その体を見たとき、本当に美しいと思った。モデルのような作られた体ではなく、必要に応じて自然的に作られた体。そのことを思い出した。
僕も、あんなに深い皺のある顔を手に入れることが出来るだろうか。
[PR]
# by kkkr | 2004-11-08 02:18