ブログトップ

infected dream

idream.exblog.jp

Merry christmas!

Merry christmas!!!

雪は、降ってないけれど、White christmas.
好きな歌。聞いてみてくださいね。

https://soundcloud.com/keijiprimrose/whitexsmas-cover
素敵な夜をお迎えください。

b0060102_20441237.jpg

[PR]
# by kkkr | 2013-12-24 20:45 | 日常の中の特別

whale song

b0060102_4125212.jpg


池澤夏樹の氷山の南。
南極へ氷山の一角をとりに行く船に偲び込むことから始まる物語。その中で、クジラの歌、クジラが海の中で鳴くことが語られている。これまで、クジラが鳴くことを想像したことがなかったので、驚き、そしてどんな声なのかを聞いてみたくなって検索。それが、これ

海の中にもエコーがあるのだろうか。そう言えば海の中にも、山があって音は反射する。エコーに響く声は、まるでコントラバスのよう。そして、歌のよう。鳥に歌があるように、クジラも歌を歌っている。大海原で遠くの恋人に?家族に?仲間に。ひとりで歌を歌う。哀しげだけれど、そこには永遠に通ずるゆったりとした時間の流れを感じる。今日も、これを聞いて眠ろう。
[PR]
# by kkkr | 2013-10-19 04:15 | 日常の中の特別

『Flight』までもう少し

b0060102_854137.jpg


画家、福田寛さんの絵16枚と松井敬治の11曲のコラボレーション作品「flight」。デザイン、試作を終えました。この中のひとつが発売になる予定です。
[PR]
# by kkkr | 2013-08-31 08:54 | アート

画家の福田寛さんとの作品『Flight』

b0060102_1205914.jpg



画家の福田寛さんとのコラボ作品。flight。音が出来上がってから相変わらずスローペースですが着実に進行しています。

15年ほど前のデザイン会社での仕事経験を頼りに、本の装丁も自ら。イラストレーターにて、「えー、あれどうするんだっけ、名前なんて言うんだっけ...あ、クリッピングだ!」ってな具合でデザインリハビリしながら、材料、印刷代、加工費などの調査。予算内で出来る最大限の理想を求めて...。最終的には、自らの手作業仕上げになりそうですが、素敵なものになりそう。

幼い頃、プラモデルを作ると、完成形が見える頃、ワクワクしすぎて最後の最後で、接着剤が乾くのが待てなくて、窓に指紋がベタベタついちゃう...そういう詰めの甘いタイプなので、ここから焦らず、 確実に進めることが課題。大丈夫かな。(笑)

この作品は、レーベル、echo and cloud としてリリースします。つまり、自主制作。発表の際は、どうか、応援してくださいね。
[PR]
# by kkkr | 2013-08-26 01:23 | アート

The longest day

b0060102_23292678.jpg


長い一日が終わりました。母の手術、お陰で無事終わりました。病室から手術室まで車いすを押して送ったのですが、いつもはあんなに喜怒哀楽の振幅幅の大きい彼女が凛としていたことに感服しました。そして、手術後の執刀医の脱力しながらも手術結果を丁寧に写真を見せながら説明される姿にも感動しました。今日のことは将来の自分に起こる節目にも大きな力になると思います。気にかけてくださったみなさん、ありがとうございました。
[PR]
# by kkkr | 2013-08-02 23:29 | 日常の中の特別

WHAT I SAW /MAIA HIRASAWA

b0060102_23303732.jpg
 maia 2011 pic by Keiji

今日は、スウェーデンから、ニューアルバム発売の取材やメディア出演のために日本に帰って来た(厳密にはやってきた。なんだが)MAIAが、15ヶ月になる双子エッペとリサを連れて会いに来てくれた。玄関の階段を、一段一段、ママ、パパに手をひかれて上がって来るふたりは、階段の上にいる僕に、笑顔と不安の入り交じった顔を向けて見つめていた。可愛いい。その数十分後には、真っ赤なシャツを来たふたりは、僕の膝にも、乗って笑ってくれた。

 WHAT I SAW / 私の見たこと。というアルバム。タイトルどおり彼女がこの数年の経験したことが詞となり、音となったものだ。母となって、作曲をし、レコーディングするなんてことは、並大抵のことではない。しかし、書かずにはいられなかった。やらずにはいられなかった。そんな衝動を感じる。
 彼女の経験したことの中で、日本での滞在中に経験した3.11は、そのうちの大きな出来事のひとつになった。歌詞の中に、the whole world explode と書いている。世界の崩壊。それほど、大きな出来事のようにあの時思ったのだ。男の子と女の子のふたりの母となったマイアが、未来を見つめる上で、しっかりと自分の身に、そして世界に起こったことを刻みつけ、そして前進するのだと決意したかのようなアルバム。明るい未来を思い描こうと決意するようなアルバム。今日、マイアと一緒にこの作品を聞きながら心の深いところで解ったのでした。愛する人のいるスウェーデンに帰るまでの数日、僕は友人として彼女の傍にいた。出来れば経験したくはなかったけれど、あの世界が崩壊しそうだったの時間を共有したもの同士の特別な絆が強く結ばれていると僕は思っている。

 たった2年しかたっていないけれど、遠い遠い過去のような気がする。それは、忘れるほど遠いということではなく、3.11以降の一日一日がどれだけ長かったかということだ。愛する人、友人、ホームタウンを失ったひとにとっては、まだまだこれからも先の見えない長い道程が続く。僕には何ができるのだろう。そんなことを、考えながら、もう2年が経つ。そして、やっと、アルバムが出来る。今、マスタリング中だ。演奏も、ミックスも、マスタリングもひとりで。一度完成しそうだと思っていたけれど、なかなか、出口が見つからず時間がかかってしまった。

 目に見えるように役に立つことなど、この無力で、小さな僕には出来ない。悲しみの中にいる人、重苦しいこの世界に、本の間から、ポロッと落ちる押し花みたいに、ただ存在するだけで、気持が軽くなる、少し楽になる。陽の光が射す、そんな感じがする作品を、世界の片隅で産み落としたい。たったひとりでも、そう人がいてくれれば満足だ。そんな気持でやり続けてきた。

彼女からアルバムの歌についてあることを聞いた。
それは、僕をとても感動させて、言葉をつまらせてしまった。なにも言えなかったけど、
彼女にありがとうを言いたい。


MAIAには、WHAT I SAWが。
僕には、FLIGHTというアルバム。
規模はちょっと違うけれど、これが、今の僕。

あと、少し、頑張ります。
[PR]
# by kkkr | 2013-05-23 23:02 | 音楽

この春の近況。

このところ、facebookにばかりアップしこちらをおろそかに。こちをチェックしてくださっている方、ごめんなさい。

この春のこと、いくつか、ダイジェスト的に、アップしておきたいと思います。

こちらは、konikaminoltaの有機ディスプレイ開発関係のインスタレーション、そのビデオです。
イメージは、夜の海の上を飛ぶ鳥でした。
b0060102_4353798.jpg



こちらは、tamamixさんのライブでのサポート。こっそりねこ。
b0060102_444248.jpg


夜の街を散歩しないかね。
b0060102_447486.jpg


染織作家、服部謙二郎さんが機を織る、その場所でギターを。
b0060102_4485979.jpg


足立区子供博物館ギャラクシー、プラネタリウムのオープンニング
b0060102_4545757.jpg



そして、一つ前の記事にかきましたが、Maia Hirasawa の新譜に、ベースで参加しました。
b0060102_5113.jpg


日々、facebookの方で、綴っておりますので、よろしければそちらの方も、
 (https://www.facebook.com/keijiprimrose)
チェック下さい。
[PR]
# by kkkr | 2013-05-21 05:01 | 音楽

MAIA HIRASAWA / WHAT I SAW

b0060102_0474634.jpg


5/22発売のマイア・ヒラサワのニューアルバムの最後の曲、ザ・ワンズ〔English Ver.〕でベースを担当しました。
[PR]
# by kkkr | 2013-05-15 00:51

spring!

b0060102_11374237.jpg

[PR]
# by kkkr | 2013-03-21 11:44 | 日常の中の特別

キツツキ君も。

b0060102_054365.jpg
今日は、デザインあ展、佐藤卓さん、中村勇吾さん、小山田圭吾さんをはじめ、あ展のクリエーターが集まっての打ち上げの会へ行って来ました。

 話によると、すでに1万3000人の来客があったということ。音楽で参加した(うちに来るキツツキも参加)、『音めがね』はZ廊下と呼ばれるところにあり、長い列が出来ているとのこと。どの作品もゆっくり時間を過ごして頂きたいとクリエーター側も願っているのですが。

 ともあれ、来場者がハッシュタグ#design_ahをつけてツイートすると表示されるというこのサイトを見ていると、楽しそうな状況が手にとるように解る。普通、展覧会は写真を撮らないでってことが多いのだけれど、こういう自由な空気も素敵ですね。

http://design-ah.net/

 そうそう、作品の中には、鳥、キツツキが出てくるのです。彼の声は、前に録っておいたんですが、他の楽器の撮影の日、鳥の絵はどうしましょうねえ、などと言っていたら、窓にやって来たんですよ。目立ちたがり屋かもしれません。キツツキくん。ミュージシャンのつもりかも。(笑)
[PR]
# by kkkr | 2013-02-17 00:51 | アート