ブログトップ

infected dream

idream.exblog.jp

<   2011年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

夏の終わりの Bass

b0060102_92898.jpg

(Pic / Back stage)

 昨日は池上本門寺でのフェス。MAIA HIRASAWAで出演だった。
Maia は、前夜に日本に。Andersは、成田から会場へ。僕は、久我山から。

 一昨日の突然の大雨は、地下へ水が流れ込むほどだったり、滑走路がプールみたいになっていたり、日本も熱帯化し、もしかするとスコールと呼んでいいのでは、などと思ってしまうほどだった。(ゲリラ雨などと風情のない言い方はしたくないね。)

 環状8号は渋滞するから、狛江から川崎側へ渡り玉川沿いを南下。信号も少なく気持良く走る。演奏予定の曲を聞きながら、フロントガラスいっぱいに広がる曇り空をあやすように、お願いしますよ、と心の中で呟いた。

 会場につくと、手短かにMaiaと挨拶を交わし、すぐにリハーサル。背中を一筋、汗がつたう。セッティングが出来た頃、いつも飛行機ではいつも寝られないというAndersが到着。誰もいない客席。蝉の声。五重塔。数曲をチェック。ちょっと覇気のない感じで終え(いつものsave energy)楽屋までの車の中で、改めて再会を喜び、お互いの近況を伝え合った。みんな、幸せな夏を過ごしていた。

 午後4時半。みんなの祈りや、おまじないや、つぶやきは叶えられて、ステージに上がりプレイし始めるころには、青空がいっぱいに。白い雲、五重塔、ビールを片手にのんびり見てるお客さん。Maiaの写真をと前の方まで、恥ずかしそうに駆け寄る女性。曲中ブレイクで、静かになるところでは、蝉の声に会場が包まれる。夏の終わり。二度と来ない瞬間の一粒一粒を愛おしみながら、ベースの一音一音を落としていくというような感じだった。
 
 ちょっと面白いことがあった。手違いで、3人が3人とも、セットリスト(曲順表)がなく、maiaが、曲を飛ばしたのだけれど、案外その曲順が良かったのだ。ハプニングが起こることで、期待していたものにならなかったりするけれど、新しいテクスチャーになる。僕は、そういう突然変異が好き。始めから、全てが自由で始まることもあるけれど、そこで起きることは、刹那的で残るものがないこともある。目標や、理想や、ゴールを掲げた上で、起こる変化は、目標以上になったり、違う場所にゴールしたり、こういう変化は心に刻まれるような気がする。

 いやはや、長くなってしまった。蝉の声を聞きながら。そして、執拗に窓をつつくキツツキのノックを聞きながら、この辺で...。みなさん、夏の終わりを楽しんで下さい。

 30日は、大阪で...


8月30日 (火) @ 大阪PANGEA
TONE FLAKES Vol.29 feat. MAIA HIRASAWA


b0060102_9273562.jpg

(pic by Mayu. A)
[PR]
by kkkr | 2011-08-28 11:05 | エンタテイメント

ライブスケジュール。東京ひとつと、大阪ひとつ。

ベースでの参加、Maia Hirasawa のライブスケジュール。東京ひとつと、大阪ひとつ。


8月27日 SLOW MUSIC SLOW LIVE 池上本門寺 Tokyo
info: http://lultimo.jp/smsl/act/

8月30日 (火) @ 大阪PANGEA
TONE FLAKES Vol.29 feat. MAIA HIRASAWA



FUJI ROCK FESTIVAL 2011



NHK BS1 エルムンド




------------------------------
ここからは、おまけ。
Double Bassでのサポートで映像アップされているもの。

2年前にHiro-a-keyで。








10年前 Biceにて。

http://vimeo.com/26677652
[PR]
by kkkr | 2011-08-18 21:15 | 音楽

フジロックが終わりました。

b0060102_1102498.jpg

フジロックが終わりました。

 出演の直前のサウンドチェックに3人で出て行った時にすでに、アバロンステージは、Maia hirasawaを観たいという人が溢れてました。アバロン至上最高の動員だったとか。Maia、すごいね。その満杯の人達に、迎えられてMaiaはもちろん、andersと僕もとてもいいパフォーマンスが出来たと思う。完璧じゃないけど、あそこでしか生まれないものがあったと思う。みんなが笑顔だった。Boom!ではボンボンを振ってくれている人もいたなあ。

 フジロックは、やっぱり特別。これまでは、見る側でしかなかったけれど、いつもあのステージに立ってみたいと思っていた。きっと音楽をする者の多くは思うことではないかな。僕もその一人。友人を通してmaiaと知り合い、最初はエンジニアとして、そして、今回はミュージシャンとして関わることになり、念願のフジロックのステージに。もちろん、いつか自分の音楽であそこに立ちたいと思っているけれど、maiaの音楽を支える役で初めてあそこに立てたことは光栄に思う。普段は、本当にナチュラルな女性だからつい忘れがちだけれど、歌を歌う時の彼女は特別な存在であることを毎回、再認識する。
 最初の東京でのライブは、実はリハーサルなしで僕が加わったのだけれど、彼女が言った言葉。楽しんでやりましょう。もし間違えても、それはそのお花にプレゼントしましょう。って胸に飾った赤い花を。きっと僕の気持を和らげようとしてくれたのだと思うけれど、詩的だよなあ。いつか、誰かに言ってやろっと(笑)

 そう、もうひとつ思ったこと。マイアの周りのスタッフ支える人達もみんなそれぞれ素敵な人達なんだ。そして、フジロックでのスタッフも、ドライバーからステージの上の人達も、みんなそれぞれの役目にベストを尽くしている。そんな、力が結集しているんだもの、アーティスト達がいいパフォーマンスをしない訳がないと思ったのでした。

 明日8/2の、NHK BS41 23時からの エルムンドに生出演します。それが終わったら、ひとまず、僕の役目は終わります。
良い7月を経験しました。Maia、Anders、Kris and boys スタッフのみなさんに感謝を。

 数日後、1歳年をとります。大台に乗ります。かなりの大台ですね。しかし、まだまだ若輩者。60歳あたりになってもフジロックに呼ばれるような、ミュージシャンになっていたいものです。

b0060102_193014.jpg



大阪 Meet the world beat
b0060102_1173964.jpg

[PR]
by kkkr | 2011-08-02 01:13 | エンタテイメント