ブログトップ

infected dream

idream.exblog.jp

<   2009年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

風が運ぶもの

7月22日、午前11時過ぎ。
富士の麓、朝霧高原。

霧雨。
厚い雲に隠れた太陽。
少し暗くなり、気温が下がる。
何処からともなく訪れる冷ややかで風は、
草原の草を揺らし、
日食の訪れと共に大切なものを運んで来た。

前日に出会った静かな彼女モモ(若干11ヶ月のジャック・ラッセル・テリア)は、特別な時間を祝福するように、優しく微笑んでくれた。
b0060102_2281259.jpg
b0060102_2282452.jpg
b0060102_2283584.jpg

[PR]
by kkkr | 2009-07-25 02:21

Summer Breeze

b0060102_3474852.jpg
b0060102_348962.jpg
b0060102_351187.jpg
b0060102_3495753.jpg
b0060102_3502947.jpg


2009年7月19日夕。

RISK というユニットが千葉ロッテマリーンズの応援歌をアレンジして試合の後、歌うということでアレンジを任せてもらい、19日はマリンスタジアムへ。

 野球観戦は、数少ない父親との思い出のひとつ。小学校に入ったばかりの頃、父に連れられて巨人阪神戦を見に行って以来だ。
 目に鮮やかなグリーン、ミニチュアの世界の様な選手。応援する人々の声が合わさるとこんなにも大きな声になることにも驚き、マリーンズのホームランに飛び上がり、ピッチャーの窮地にはひやひやしたり。(試合後にRISKが歌うにも、勝ってもらわないと...)うっかりと子供に戻ったような錯覚を起こした。

 海風が球場中を駆け巡り、空は次第に表情を変え、茜色に染まって行く。どんな言葉だって陳腐に思えるほどの、今、ここに意識をもって存在することが奇跡のように思われるような美しい時間。

 大袈裟な言い方をするなら、宇宙が出来て、この点にさえならないような一瞬を偶然にも共有する人々、生きとし生けるもの、空、風、光...を愛おしいと思った。

 ありがとう。

p.s
 試合は見事、マリーンズが勝利し、RISKはステージでマリーンズファンの心を掴み、大合唱。彼らのオリジナル曲でも大喝采を浴びた。
[PR]
by kkkr | 2009-07-21 03:52 | 日常の中の特別

Roller coaster

b0060102_11486.jpg

b0060102_1202296.jpg
b0060102_120418.jpg

英語ではRoller coaster、日本ではジェットコースター。
とっても恐ろしく気持ちのいい経験をして、乗った場所に戻って来る。

自分の置かれている状況に何かが足りないと感じている君。
運命が、自分の見方をしてくれないと思っている君。
時には、どこへも連れていってくれないあのコースターなんぞに乗ってみるのもいいかもしれないよ。一回りした君は、きっと、それまでの君とは、違うかも。
[PR]
by kkkr | 2009-07-14 01:16 | 日常の中の特別

声と迷走(瞑想)

b0060102_0492415.jpg


 このところ、ピアノの前に座る時間が増えた。そして、同時に声を出す時間も増えた。歌うとピアノの弦が振動する。ピアノの音は、僕の体を振動させる。コンピューター上のバーチャルなピアノでは味わえない、共鳴、交わりは、快感だ。

 快感を伴うと、どんどんとのめり込む。発声練習に、1時間、2時間。僕の声の最低音Eから、3オクターブにちょっと、届かないCまで、あらゆるコードの構成音を順番を入れ替えながら、ゆっくりゆっくりひとつひとつの音を確かめるように、スタカート、テヌート...、喉の状態、横隔膜の状態、お腹の筋肉の状態を確かめながら、試しながら歌う。

 繰り返し、そんなことをしていると、瞑想のような状態になる。歌は、深く長い呼吸。ヨガや、気功、武道、などでも重要視される呼吸。歌を歌うことは、声帯を使う呼吸法だ。声帯を使うことによって、吐き出される呼吸がどれだけ安定したものであるか、どれだけコントロールできるのかが顕著になる。呼吸を知りたいなら、発声練習をするのが、一番ではないだろうか。そう言えば、ヨガによっては、クラスの最後に、歌(マントラ)を歌って下さる先生がいる。その声は、いつも美しい。きっと、呼吸のコントロールが出来ているのでしょう。普通の、歌や、発声では、吸気は、呼気に比べて断然早い。が、、ヨガを取り入れて?声を出したのと同じだけの拍数で、息をゆっくり吸う。ピアノの音の中に、響く声、長く深い呼吸、気持ちがいいに決まっている。

 そんな、瞑想(迷走?)のような中で、おもしろい(僕以外には、どうかだか...)インスピレーションのようなものが頭の中をよぎる。今日、頭の中をよぎったのはこうだ。

* 音階の12は、12ヶ月(とか12時間や、12支)と関連があるに違いない。

*. 隣合う音(半音)は、不響を生ずる。美しく響きあうには、その2つの音の間に、少なくとも半音2つ分、理想的には、3つ分の距離が必要になる。そうそう、人間だって「親しき仲にも、礼儀あり」だな。(笑)

*. 声を出して、理想的な状態になった時、体の中心(縦の軸)のどこかが振動する。音程によって、振動する場所が違う。

*. 恩師、奈良先生にの面影。(http://idream.exblog.jp/7783350/)

いろんなことが、頭を過る。楽しい。
また、独り言、お付き合いを....。

写真/バルコニーの雑草
[PR]
by kkkr | 2009-07-04 00:30 | 音楽