ブログトップ

infected dream

idream.exblog.jp

カテゴリ:旅( 10 )

安曇野絵本館

b0060102_2352448.png


90年だったかな、大阪の緑地公園駅にある天牛書店というお気に入りの古本屋で見つけた、東山魁夷『コンコルド広場の椅子』という本に魅せられ、長野の東山魁夷美術館へ絵を見に行きたいと思った。『コンコルド広場の椅子』は東山魁夷氏が、パリにいたときに水彩で描いた絵本のようなもの。その空間と、まぶしいような色彩。パリにも行ってみたいと思ったし、もっと東山魁夷氏の絵を見てみたいと思った。その初冬、レコード会社と契約し、しばらく自由な時間とれないかもしれないと短い旅に出た。

 長野市に行く途中、安曇野で一泊し辺りを散策した。旅のしおりに書かれた場所を何カ所か巡ってそれなりに楽しんだ後、車で林の中の道を進むと、安曇野絵本館という書かれた小さな木製の看板を見つけた。その案内に導かれて行った森の中に立つ絵本館。子供のものである絵本を大人にも開放したいとオーナーが自力でたてた絵本館でした。その時、ちょうど、ポーランドの作家、スタシス・エイドリゲヴィチウスの原画展が開かれ、その絵にとても惹かれ、そこから生まれた音もその後のレコーディングに影響したほど。展覧会の最後には、お茶が振る舞われ、きらきらと目を輝かせて微笑むオーナーと何時間も話し込んでしまった。

 音楽で生きて行く上で、あの場所は、ある意味原点のような場所で、ことあるごとにそこを訪れては、初心を思い起こしたり、新たに経験したものを整理する時期に訪れたくなる大切な場所だった。今回の絵本とそのサウンドトラックという作品は、ある意味、どこかで、あの場所へ再び辿り着きたいとどこかで思っていたように思う。

 先日、絵本館のオーナーに、今回の作品『Flight』をお送りし見てもらった。そして、置いて頂けることに。が、7月6日を最後に絵本館を閉じるとの報告を受けた。実は、前回に行った時に、もしかするとそろそろ閉じるかもしれないと聞いていた。その時が来たことを知って寂しくてしようがない。だが、20数年、定休日以外をずっと絵本館で過ごされたオーナーご夫妻、この辺で、少し休んで旅に出たいとのこと。いいですね。僕としては、いつまでも存在して欲しい特別な場所ですが、それは、メランコリックであり、わがままというもの。自由に羽ばたいてもらいたい。

 僕の作品が、あの絵本館に置かれることは、僕にとって本当に嬉しく特別なことです。あそこから、始まった音楽が、あそこへ還る、そんなふうにも思える。あと、2ヶ月足らずではあるけれど、間に合って良かった。

安曇野絵本館
[PR]
by kkkr | 2015-05-11 02:35 |

夏の終わりに

b0060102_234911100.jpg


30日大阪Pangeaでのライブを最後に、MaiaHirasawaとAndersとのこの夏のツアーを終えた。ステージに出る前に、Maiaが、このツアー最後ね。いっぱい楽しみましょうって言った。そして、3人で、ひとつひとつの曲を慈しむように感じながら、ひとつひとつ音を落としていったように思う。

 一夜明けた、8月の最後の日、ホテルを出て神戸に向かった。チョコレート色の電車に乗って、御影(みかげ)という駅で下りる。(神功皇后がこの里の泉に、姿を写した故事によりこの里は「御影」となる。)山の斜面にある駅を下りると、震災の後、整備された駅前。様子は随分違うけれど、見上げた六甲の中腹には、相変わらず、甲南病院が見え、駅からは、海の空が広がり、これが僕の神戸だと改めて思う。夏の最後を生き切るように蝉が鳴く道を5分ほど歩くと、御影"北"小学校。僕が、2年3年の時に行った小学校は、もっと海に近いところにある御影小学校。その頃は、御影北小学校には行ったことがなくて、どんな学校なんだろうと思っていた。
 この斜面に立つ小学校の裏にある墓地に、祖父母の墓がある。六甲の山の緑はまだ鮮やかで、海には港にある赤いリフト(あのキリンのような)と大きな橋が見える。墓守のおばさんは、相変わらずおしゃべりで、のんきな小言を神戸弁で話す。そうですかあ、たいへんですねえ。うなづきながら、バケツと酌を用意する。墓石が太陽を受けてじりじりとする中、いつも、どこにあるのか迷いながら、墓を見つけて、「はいはい、きたでえ。」って関西弁にリセットされたモードで、祖父母に話しかける。
 墓参りの後、いつものように、近くにある神社へ。弓弦羽(ゆづるは)神社。昔、ここの木の幹に、手裏剣(しゅりけん)がささっているのを友人と見つけたが、今はもうない。あれは、幻だったのだろうか。

 墓参りと、神社参りを終えて、京都へ向かう。学生時代に毎日乗った、阪急京都線に乗り、市場河原町から、バスに乗る。

目的は、平安神宮の裏にある、La Voiture (ラ ヴァチュール)というお店のタルトタタン。

b0060102_23485462.jpg


レコーディングに来られた方から噂を聞いて、是非、このお店で食べてみたかったのだ。ここのタルトタタンは、フランスで表彰されたことのある今もご健在のおばちゃん、ゆりえさんの味を受け継ぐお孫さんが作っているというタルトタタン。お店には、このゆりえさんのリザーブ席があって、ここで新聞を読みながら、時々お客さんに声をかけていらっしゃる。その佇まいが、素敵だった。
b0060102_23482847.jpg

日が、西の山に近づく頃、銀閣寺まで、バスへ。お寺には行かず、哲学の道沿いを歩く。たくさんの猫達に話かけたり、はたまた石に絵を描いて売りつけるおじさんにうまく丸め込まれても、幸せに思える日。この日は、なにもかも、偶然の巡り合わせが、見方してくれるような幸せな日、PerfectDay のようだった。
b0060102_2348451.jpg


いや、本当は、友人が数日前に亡くなったという悲報があった。電話を切った瞬間に感情がふわっと溢れて、涙が溢れた。でも、次の瞬間に思った。生きている僕には、今を濃密に感じて生きること、目の前にあること、人を慈しむこと。感じること。それこそが、弔いでもあり、今自分に必要なことだと。この夕日に沈む街並は、生きていることへ不思議さや美しさを感じ、そんな気持へと変えてくれた。

b0060102_23472978.jpg

[PR]
by kkkr | 2011-09-03 01:40 |

歯車

b0060102_2323046.jpg

 去年の暮れに、音楽の仲間がまたひとりまた亡くなっていたことを今日の午後に知った。

 彼は、あるレーベルのディレクター。
彼とは、彼の最後になってしまった、2つの仕事を共有した。
ひとつは、千葉ロッテマリーンズの応援歌をRISKが、僕のアレンジで歌った時。そして、もうひとつは、NirlGirlのアルバムのサウンドプロデュースした時。

 強烈な個性を放つ彼のことを最初はとても苦手だった。あまりにも、僕のことを持ち上げ調子が良いように思っていたのだ。しかしながら、後で知る事になるのだけれど、彼は、僕のバンド、the primrose のabyssalのリリース時に、woodstockという流通会社にいて、その作品を気に入り、何年も聞いてくれていた。そして、あの曲のここで、こういうふうにギターが入ってくるとか、僕が忘れていることさえ知っていて、本当に心からリスペクトしてくれていたのだった。

 2009年、7月19日、RISKとスタッフと僕は、千葉ロッテマリンスタジアムへ行った。試合は見事、ロッテが勝利し、RISKは、特設ステージでライブを行い、マリーンズのファンの人達の心を掴んだ。そして、RISK版の応援歌は、ファンとともに大合唱された。その時、彼の後ろに立っていた僕は、彼の肩をたたき、「よかったですね」と親指を立てた。いつもメンバーについて辛口だったが、振り向いた彼の目に涙が光っていたことを僕は忘れない。あの日の風。あの日の空。全てが今でも、鮮明に思い出される。

 2010年、冬。彼と僕とNirlGirlのメンバーは、八ヶ岳のスタジオにレコーディングのために篭った。皆、一つの屋根の下で、寝起きを共にした。アーティストのことを思うが故に、その体当たりの言動は、時として人には理解されないほどの強烈なものとなり、時にはそれが空回りして、肩すかしを食って時々寂しそうに、ひとり目映い雪が、すぐそばにあるリビングのストーブの近くで、ひとり背中を丸めてコーヒーを飲んでいた。そんな姿を見て、静かに傍に座って何気ない世間話をしたのだけれど、この人は深い孤独を抱えている人なんだと思ったことを覚えている。

 彼は、強烈に人との繋がりを欲していた。しかし、そのやり方はいつも不器用で、まるで人間魚雷のように裸のまま突っ込くようでもあり、鎧兜(よろいかぶと)を着込んで叫ぶようでもあり、子供のように満面の笑顔を添えて臨むこともあったり、その彼の行動に人が戸惑い、彼への反応に傷ついていたのかもしれない。ガキ大将のようであり、だだっ子のようでもあり、漫画に書いたロックンローラーのようでもあり、寂しがりやの子供のような人だった。そんな、不器用な彼を、僕は失礼ながら可愛いと思っていた。

 なにかの拍子に、歯車のたったひとつの歯が欠けたことで、全てがぎくしゃくして最後には命の灯火さえ消えてしまうにまでなるとは、運命ってそんなものなのかと、今更ながら驚いている。いや、彼の場合は、回らなくなった歯車を、無理矢理回してすべてを壊してしまったように思う。

 最後に会って、半年の間、彼は東京でどんな旅をしたいたのだろう。時間を取り戻す事は出来ないけれど、その旅の中でもう一度会えなかったこと、会おうとしなかったことを悔やまずにはいれない。

 写真は、彼とともに見たマリンスタジアムの空。Perfect Day だった。そうだ、ふと思い出した。お酒を飲まない僕だけれど、あの日、飲みたくなってビールを飲んだ。自分から飲んだビールはあれが最後だったように思う。

 山さん、いろいろあったけれど、みんな貴方を愛していましたよ。今は、きっと解ってくれているよね。楽しい想い出や多くの人との繋がりをありがとう。

 ご冥福をお祈りします。


http://idream.exblog.jp/11554571/
[PR]
by kkkr | 2011-01-15 22:59 |

kamakura

b0060102_1583498.jpg

北鎌倉建長寺裏山から尾根沿いに歩き、瑞泉寺へと降りて来る山道を散歩して来ました。きっと紅葉の季節もいいでしょうね。
Flickrに写真を
[PR]
by kkkr | 2010-10-02 01:58 |

旅がしたくなりました

b0060102_2365759.jpg

[PR]
by kkkr | 2010-06-08 02:37 |

長野への旅

b0060102_2302237.jpg


先週の長野への旅
思うところがあって発作的に動いた旅。
いつもそう。

旅をして何を感じたのか。何を得たのか。
何を失ったのか。何を、そぎ落としたのか。
言葉にしようとしても、うまく表現出来ない。

けれども、大きくなにかが変わった。

http://web.mac.com/kg_primrose/iWeb/Nagano/

写真を載せました。スライドショーで見るといい感じです。
そして、3ページ目のムービーも。
どうぞ。


p.s. 同行してくれた3人、そして諏訪で案内してくれた友人。旅で出逢った方々へ感謝を。
[PR]
by kkkr | 2010-01-15 02:33 |

Following the crecent moon

訳あって今、琵琶湖湖畔のホテルの36階。これが、バカンスならなあ…。でも、夕暮れのドライブは良かった。みなさんにも、お裾分けを。
音楽はもちろんthe primrose!
movieです。クリックしてください。
b0060102_939623.jpg

[PR]
by kkkr | 2009-12-21 01:36 |

諏訪へ

b0060102_1433123.jpg
b0060102_1435115.jpg
b0060102_144931.jpg
b0060102_1444798.jpg

一昨日、急遽決まった諏訪への日帰りの旅。
目的は、諏訪大社へのお参り。
友人のお誘いに便乗。
たまたま、諏訪大社について聞いたスピリチュアルピープルT君が、行きたいとのこと。3人で始まったこの旅が、参拝を終えるころ6人になっていた。

12時に東京を出発、そして、2時半頃秋宮に到着。
蕎麦を食したあと4社巡り。
諏訪大社は、諏訪湖を挟んで、前宮と本宮、秋宮と春宮の2カ所に位置する。
誘ってくれた友人は、新しい事業を始めるにあたって祈祷を受けにということ。
僕も、the primrroseと別に新しく始めるバンドSilent three trees(8/3初ライブ決定)もあったり、ここらでふんどしを絞め直すつもりで、ご祈祷を。

到着した、秋宮は、優しい風が、吹いていて僕らを迎えてくれたように感じた。案内してくれた方によるとここと春宮は、女性の神様だそうだ。
そして、すぐ近くにある、春宮。春から初夏まで、春宮で祀られた神が、秋から冬を秋宮で過ごすということ。そして、その移動に舟が出るということ。
ロマンティックですね。春宮は、秋宮より少し小さな社。

春宮と、その周りの街並みの中を歩いた時、まるで以前に住んでいたのかというほど懐かしい思いと、なんとなく切ないような、喜びのような...言葉では言い表せない思いが、わき上がってきた。輪廻があるとしたら、僕はこのあたりにいた事があるみたい。

シャラシャラとする光りの中、車で20分あまり、諏訪湖を右に見ながらドライブ。15年ほど前に訪れた北沢美術館(ガレなどの作品がある)の前を通り過ぎて、対岸の本宮へ。
本宮は、めずらしく、正面を向いていなかった。背景になる岩山に向かって左に、本殿がある。祈祷願いをして、待つところ、神官が神殿へと導いてくれる。神の左横に、正座をして、神官の儀式を見る。すり足で、階段を上がるにも、足を左右に上げていくのではなく、右足先行で上がって行く。仕草は、美しく、光りが、差し込み輝いていた。神前にまで、ひとりづつ進み出て正座にてお祈りを捧げる。ほとんどの日本人と同じように、特に、特定の宗教を信心するものではないけれど、こういった機会に恵まれる、神官の身のこなしなどに日本の美しさを感じることができる。また、本宮では覚えていないのだが、ご神体が、鏡というのは美しい。神は、鏡の向こう側の自分の中にいるのですよと言われているようだ。(勝手な解釈だけれど...)

本宮への参拝の後、前宮へ。
こちらは、祀られているものが、現在はなく、人もいない社だったけれど、社の裏には、大きな木が悠々と鎮座してた。
諏訪湖と大きな空。
心が、どんどん解き放たれていった。初夏のような一日。

諏訪に住む、僕の友人。そして、友人の友人が、各宮をまわるうちに合流。
最終的には6人になっていた。

みんなで、別れ際に、円陣、特別の型 六芒星(ユダヤではないですよ)を6人で作り、ぐるぐる回るという変な行為に大笑いした。
そして、諏訪を離れた。

今度は、ゆっくりと訪問したい。
いい、一日だったなあ...。
[PR]
by kkkr | 2008-06-19 14:05 |

from LONDON

b0060102_365792.jpg
b0060102_374776.jpg

NEOLOGICの野林君から、
ロンドンで、プリムロウズヒルへ行って来たので、プレゼントと言って
写真を送ってくれました。みなさんにもお裾分けです。

涙、涙、、、、

ありがとう。野林君
[PR]
by kkkr | 2007-06-02 03:08 |

スバルライン

b0060102_302242.jpg
ひとつ仕事を終え、今日はオフと決めた。以前、自分で取り付けたETCを正常に作動するかを試すために高速道路へ。

今日は....西!

中央道、調布インターから。
ETCのある車、ない車、両方通ることの出来るレーンへ。初体験のため要領がわからない。ピピッと音がしているけれども不安。ゲートで停まろうとしたところ、おじさんに「ETC通ってますよ。どうぞ。」と。今更ながら、「いやー凄いな〜テクノロジー...」って呟いてしまう。もう一度、ピピ!を経験したくて、そのまま、八王子ゲートを。さて、行き先は、ないので困った。
山梨の友人に電話。が、留守電。

山梨方面は、諦めて、河口湖方面へと。富士五湖あたりにでも行こうかと思う。

河口湖でピピっと降りた。
青い看板が、直進、富士山スバルラインとある。
そう言えば、19歳の時、富士の頂上まで登った。
5合目までバスで上がって、早朝から、懐中電灯と杖を持って7時間ほどかけて。空気が薄くて、眠くなったり、頭が痛くなったり。最後の方は、10mほど行くたびに、呼吸を整えて。
やっと、上がった頂上には、海の家みたいなものがあって、あんぐりだったけれど、景色と達成感と太陽の光りに感動したなあ。

5合目まで、スバルラインを通って上がることにした。
5合目の、神社は、まるで厳かな感じがなくてがっかり。富士山以外、安っぽくてこれは、世界遺産には、なれないなって思う。

5合目から、降りる途中に、奥庭というところに寄る。
車を降りて、林を降りる。背の低い松林。
5分ほど歩くと、宿があった。
山菜うどんを食す。うどんというより、麺は「ほうとう」だ。
初老の夫婦が、そこに泊まっているらしく、声をかけたら、野鳥を見にきたらしい。今日は、10種類、見ることが出来たそうだ。
b0060102_304412.jpg
b0060102_31877.jpg

 このあたりは、天狗の庭とも言われ、天狗がまつられていた。ここの方が、味わい深い。その、宿の先、また5分ほど歩くと南アルプス方面を展望できる場所があった。しばらく、そこで過ごす。若い男女、二人ずれ。挨拶だけした。
会ったのは、その二人だけ。

鳥の声と、風と、強い紫外線の太陽と、溶岩と、雲と、影のような遠くの山。そして、背には富士山。富士を見上げて、あそこまで行ったこと、ちょっと信じられないような気分になった。

スバルラインのゲートが7時に閉まる。
ぎりぎりまで、そこで過ごし山を降りた。






この春は、長く感じるね。
b0060102_313076.jpg

[PR]
by kkkr | 2007-05-24 03:04 |