ブログトップ

infected dream

idream.exblog.jp

カテゴリ:写真( 28 )

夕暮れのデパート屋上

東京。吉祥寺。 昨日。
雨が止んだ後の夕焼け
ビルと電線にからまった空じゃ満足できなくて、
近くのデパートの屋上へ。

あいにく西の空がどうしても見えなかったけれど、
夕暮れの屋上は、疲れた体に優しかった。

遠くにいるあの猫も、見ているといいなあ。
b0060102_22374358.jpg
b0060102_2238090.jpg
b0060102_2238217.jpg

[PR]
by kkkr | 2007-07-12 22:38 | 写真

rainy, but beautiful day

it was...
b0060102_2395972.jpg

[PR]
by kkkr | 2007-07-05 02:40 | 写真

湾岸

b0060102_07252.jpg
b0060102_095979.jpg
b0060102_011981.jpg
写真は、品川の湾岸にある、スタジオ。
車ごとエレベーターで屋上まであがるような、なんとなくギャングのブツとお金の引き渡しする場所のような感じ。(笑)
神戸で育ったので、港の潮の匂いに郷愁を感じます。

今日、友人から、CM見たよって連絡がありました。やっぱり嬉しいですね。
SportsAuthority...
http://www.sportsauthority.co.jp/topicsnow/cm/07cm_fenway.asx
[PR]
by kkkr | 2007-06-26 00:13 | 写真

朝焼け


b0060102_2311548.jpg
http://homepage.mac.com/kg_primrose/asayake.jpg

昨日の朝焼けです。
うちの屋上から...
[PR]
by kkkr | 2007-06-25 02:35 | 写真

梅雨2日目

東京に梅雨入り宣言があって2日目。雨雲はどこかへ行ってしまいました。
そんな日に空が綺麗で、深大寺と調布飛行場へ。
光がまばゆい日でした。
b0060102_11254999.jpg
b0060102_1126315.jpg
b0060102_1126243.jpg

[PR]
by kkkr | 2007-06-18 11:26 | 写真

until the end of the world

b0060102_0554816.jpg
b0060102_0552881.jpg

雲の隙間から地上を見れば
きっと地上は堕ちた星の残骸
光の川は、幾千万の記憶を乗せて
世界の果てへと消える
[PR]
by kkkr | 2007-06-11 00:59 | 写真

旅がしたくなった。

b0060102_0561925.jpg
b0060102_0563465.jpg
b0060102_0565186.jpg
b0060102_057616.jpg

明日は、ライブ。
このことろの、少々、自律神経がまた変調を。
夕方になると、微熱が...。
それに伴って気分も、こう、スカッとしない。
というわけで、そんな状態から、飛び抜けるために何かを。

頭に中で、北西へ行け!と聞こえた。

昔、同じように、北へ行けと言われて、
夜中に出発。那須まで直行。車の中、紅葉の中目覚めた僕は、
それから、1週間、2000km、東北、下道旅行、本州最北端まで行ったのを思い起こす。

が、今回は、....明日、ライブがある。

北西で、1日で、遠くまで行くとすれば、関越自動車道。
が、関越までの道に環八を選びたくない天の邪鬼。
方角だけを頼りに車を進める。

が、途中で、迷う。

ま、いっかとそのまま、走る。
どうでも良くなった。

1時間あまりで、着いた場所は?

所沢。
小旅行のつもりが...(笑)

所沢かよ!って、聞こえた。

所沢航空記念公園

でも、所沢さえも、初上陸で、僕には、下北半島と同じ価値。

写真は、その公園。

風が、体を洗ってくれる。
トロンボーンを練習する少年。
犬の散歩をする婦人。
楽しそうに、木登りをして遊ぶカップル。
二人で、ギターを弾いている若者。

懐かしいような。

昔、ここは、少年達が戦争のための航空隊や、飛行機を作っていた場所。今は、平和な光りが満ちている。同じ場所なのに、同じ光りなのに、全然違っている。不思議。

僕らは、とっても些細なことから、
迷路に、迷いこんでいくことがある。
時には、迷い込んで、困ってみるのも必要。
振り返ることも大切。
そして、そこから、抜け出せなくなる前に、
自分を、駒の様に、ピョン!と違う場所へと移動する。
太陽や、緑や、風を、気持ちよいと感じれるうちに。

今日は、それが出来たような気がする。



帰りに、僕の隣人であった、建築家のお二人(初老の、男女建築家)に、会いに行った。武蔵藤野という駅前に、今、彼らの設計した建物が建とうとしてる。6階建ての、ビル。最上階は、音楽ホールにするらしい。基礎の為に掘られた、大きな穴を見て、感動。大きな空が、虚しいほどの空間に、この人達の想像どおりのものが、来年2月には、完成するらしい。いろんな、話をした。ほとんど、聞いていただけだったけれど、この人達は、今でも、攻めている。 silver and gold のためじゃなくて、次の世代への愛を持って。

なんのことだか、解らなくて申し訳ないけれど、
彼らは、そういう人達。
初めて、師匠!と呼びたくなった人かもしれない。

そう、話の中に出て来た建物の話。

台湾の、高砂族の街。一番最上の位の人達が住む建物の話。
中に入ると、小さな石で積み上げられた壁の隙間から、
星の様に、光が透けるらしい。
そして、それは、同時に、クーラーの役目もするとのこと。

台湾へ行きたくなった。




明日のライブは、きっといい感じ。
[PR]
by kkkr | 2007-05-12 00:58 | 写真

太陽の塔 

b0060102_25715.jpg
b0060102_244483.jpg


大阪へ行って来た。
春の日差しが眩しかった。

モノレールに乗った。
ひとりで立ちつくす太陽の塔。
なぜか気持が通じるような気がしたな。
彼は、いつまで立っていられるのだろう。
[PR]
by kkkr | 2007-04-30 02:05 | 写真

グレゴリー・コルベール


b0060102_1593539.jpg


ゴールデンウィーク、つまり、黄金週...すごいネーミングだ。
僕は、本日夕方から関西へ。遊びではないのですが...。
みなさんは、なにか予定してますか?

ゴールデンウィーク中は、なにかと忙しく、また人が多いのもだろうから自由業の特権、平日に行こうと思っているんだけれど、是非行きたいところがひとつ。
ご存知の方も多いと思うのですが、
http://www.ashesandsnow.org/

ここに行って、是非本物を見てみたい。
グレゴリー・コルベールの『ashes and snow』展
行かれた方はいらっしゃいますか?
写真集をもっているのですが、合成だとばかり思っていた。
動物と人間が、信じられない親密さで写真に焼き付けられている。優位にたった人間と動物ではなくて、同じ時間、この世界に降り立った者同士が静かに共感しあっている。もちろん、この世は、綺麗ごとばかりではないけれど、美しいもの、ことが存在することをこの人は写真で証明、表現している。
美は天国からの欠片。たくさん、見たいね。
[PR]
by kkkr | 2007-04-27 02:00 | 写真

桜...にゃ

b0060102_23382273.jpg
b0060102_23384565.jpg
b0060102_23391642.jpg
b0060102_23393770.jpg
b0060102_23395411.jpg
b0060102_23401442.jpg
b0060102_23403520.jpg

[PR]
by kkkr | 2007-04-02 23:41 | 写真