ブログトップ

infected dream

idream.exblog.jp

カテゴリ:エンタテイメント( 17 )

東京スカイツリータウンキャンパスが、メディア芸術祭にて審査委員会推薦作品に選ばれました。

b0060102_17594955.jpg


本年度、初頭、音楽、音響を担当させて頂いた、東京スカイツリータウンキャンパスがメディア芸術祭、エンターテインメント部門、審査委員会推薦作品に選ばれました。

furoの野村緑さんの元、 緒方壽人さん(クリエイティブディレクション)が指揮をとり、METAPHOR Inc.さん(グラフィック、ウェブデザイン)、齋藤岳郎(3DCG)さん、くんカンパニーさん(展示什器)と共に、数ヶ月に渡り、楽しくも厳しくもあった製作期間を共に共有できたことを、改めて幸せに思います。

特に、緒方壽人さんとは、スタジオをシェアしていたことも幸いし、濃密なやり取りをしながら、どこにもないものを創るために、何度も何度もアイデアを練り、テクノロジーを使った表現の可能性についてのたくさんの情報やアイデアを教えて頂き、ディスカッションをし、それを元に創造することを共にした感があります。実現のために、音響設備の設計から、音楽制作まで全てを担当させて戴きけたこと、音で世界を創ることにおいて設備までも自由に設計出来るというようなことは、音楽家にとってとても幸せなことです。時間がどんどん過ぎて行くなか、どんどんと膨らむアイデアを膨らませる(さらに自分たちの首を絞めることになる)ことを続け、オープン直前の緒方さんの疲労困憊ぶりは、今では笑い話になるくらい酷かったです。人のことは言えませんが。(笑)
 このプロジェクトに関わった全ての人が、それぞれの立場で、最高のものをという姿勢だったこと、その中の一人でいられたことに感謝します。そして、まだ見ぬ完成形を信じて、いつも笑顔で全体を取り仕切って下さったfuROの野村さんに多大な感謝を。

スカイツリーに行かれる方は、是非、東京スカイツリータウン(R) ソラマチ8Fへ足を運んで下さい。
[PR]
by kkkr | 2012-12-13 18:18 | エンタテイメント

the primrose "voice of moon" live at skytree town campus

the primrse "voice of moon" live at skytree town campus

the primrose live at Tokyo Skytree Town Campus.
5th Jun 20112


[PR]
by kkkr | 2012-08-10 03:06 | エンタテイメント

‎8/31(fri )ライブします。

b0060102_1646730.jpg


‎8/31(fri) ライブします。
 
昨年夏急遽したサウンドマスター、菊池ケンジ(salmon)君を囲む仲間たちが集まって彼への思いを音にする。楽しませることが好きだった彼。きっと良い夜になるでしょう。
Act;
HB , U-zhaan, Keiji Matsui, hajimeinoue、DJ MIKU DJ SEEN GONNO...

詳細
http://attkk.exp.jp/
[PR]
by kkkr | 2012-08-02 16:44 | エンタテイメント

月と音

b0060102_153367.jpg


 今夜は、風が冷たくて、東京の空でも、飛行機の灯りと見間違うほど星が輝いてた。冬の空。少し体をこわばらせて月を追いかけるように歩くのが好きだ。
 このところ、ブログやTwitterなどへの投稿もめっきり減ってしまった。作曲や、レコーディングなどの仕事を終え、少し走って、遅い夕食をとった後、日付が変わる頃、今度のライブへ向けての研究が始まる。練習ではなく研究と言うのは、まだ、音を磨き上げてると言う感じ。絵描きなら、絵の具や、筆を整えているという段階だろうか。パフォーマンス自体は、あらかじめ用意された音を出すのではなくて、その場で演奏したものだけで行うのだけれど、今回は大幅にテクノロジーを使ってみたいと思っている。いつも、朝明るくなるまでやって、海の底へダイブ、そして朝10、11時頃、上陸するというような感覚。そして、午後から仕事。そんなルーティーンの繰り返し。
 写真は、今度使う、ギター。Guild Star Fire V 1967。夏前に手に入れて、この夏、Maiaがステージで使っていたけれど、自分自身がライブで使うのは初めて。いい音がする。へんなものが、くっついてるどね...(笑)。これも、今回のパフォーマンスで大きな働きをするコントローラー。といっても引退したiPhone3Gだけれど。他にも、ビジュアル的にもアイデアがあって、デザインプログラマーの緒方氏とミーティング、実験をしたりして。今度のパフォーマンスに使えるように研究中。しかし、要は、音、表現、心の動き。心の表現をテクノロジーでさらに拡げる。そんな、パフォーマンスにしたいと思う。


2年前のライブの時に使ったCosmic Harpと名付けた映像楽器の実験。
今回は、更なる発展を....。


[PR]
by kkkr | 2011-11-16 02:07 | エンタテイメント

the primrose 11/30のライブについて。

11月30日渋谷Last Waltsで、LOOPERS LOUNGEというイベントで、久々のライブです。HB やLove me tender で活躍するドラマーMaki999を迎えて、僕は、声とギター、そして、新開発の楽器?を使ってのパフォーマンスになりそうです。

<詳細>、http://www.loopers-lounge.com/events/vol13/event.html

前売り券などの予約は、私まで。keijiprimrose(at)gmail.com まで。

b0060102_3583353.jpg
b0060102_359136.jpg

[PR]
by kkkr | 2011-11-07 04:08 | エンタテイメント

夏の終わりの Bass

b0060102_92898.jpg

(Pic / Back stage)

 昨日は池上本門寺でのフェス。MAIA HIRASAWAで出演だった。
Maia は、前夜に日本に。Andersは、成田から会場へ。僕は、久我山から。

 一昨日の突然の大雨は、地下へ水が流れ込むほどだったり、滑走路がプールみたいになっていたり、日本も熱帯化し、もしかするとスコールと呼んでいいのでは、などと思ってしまうほどだった。(ゲリラ雨などと風情のない言い方はしたくないね。)

 環状8号は渋滞するから、狛江から川崎側へ渡り玉川沿いを南下。信号も少なく気持良く走る。演奏予定の曲を聞きながら、フロントガラスいっぱいに広がる曇り空をあやすように、お願いしますよ、と心の中で呟いた。

 会場につくと、手短かにMaiaと挨拶を交わし、すぐにリハーサル。背中を一筋、汗がつたう。セッティングが出来た頃、いつも飛行機ではいつも寝られないというAndersが到着。誰もいない客席。蝉の声。五重塔。数曲をチェック。ちょっと覇気のない感じで終え(いつものsave energy)楽屋までの車の中で、改めて再会を喜び、お互いの近況を伝え合った。みんな、幸せな夏を過ごしていた。

 午後4時半。みんなの祈りや、おまじないや、つぶやきは叶えられて、ステージに上がりプレイし始めるころには、青空がいっぱいに。白い雲、五重塔、ビールを片手にのんびり見てるお客さん。Maiaの写真をと前の方まで、恥ずかしそうに駆け寄る女性。曲中ブレイクで、静かになるところでは、蝉の声に会場が包まれる。夏の終わり。二度と来ない瞬間の一粒一粒を愛おしみながら、ベースの一音一音を落としていくというような感じだった。
 
 ちょっと面白いことがあった。手違いで、3人が3人とも、セットリスト(曲順表)がなく、maiaが、曲を飛ばしたのだけれど、案外その曲順が良かったのだ。ハプニングが起こることで、期待していたものにならなかったりするけれど、新しいテクスチャーになる。僕は、そういう突然変異が好き。始めから、全てが自由で始まることもあるけれど、そこで起きることは、刹那的で残るものがないこともある。目標や、理想や、ゴールを掲げた上で、起こる変化は、目標以上になったり、違う場所にゴールしたり、こういう変化は心に刻まれるような気がする。

 いやはや、長くなってしまった。蝉の声を聞きながら。そして、執拗に窓をつつくキツツキのノックを聞きながら、この辺で...。みなさん、夏の終わりを楽しんで下さい。

 30日は、大阪で...


8月30日 (火) @ 大阪PANGEA
TONE FLAKES Vol.29 feat. MAIA HIRASAWA


b0060102_9273562.jpg

(pic by Mayu. A)
[PR]
by kkkr | 2011-08-28 11:05 | エンタテイメント

フジロックが終わりました。

b0060102_1102498.jpg

フジロックが終わりました。

 出演の直前のサウンドチェックに3人で出て行った時にすでに、アバロンステージは、Maia hirasawaを観たいという人が溢れてました。アバロン至上最高の動員だったとか。Maia、すごいね。その満杯の人達に、迎えられてMaiaはもちろん、andersと僕もとてもいいパフォーマンスが出来たと思う。完璧じゃないけど、あそこでしか生まれないものがあったと思う。みんなが笑顔だった。Boom!ではボンボンを振ってくれている人もいたなあ。

 フジロックは、やっぱり特別。これまでは、見る側でしかなかったけれど、いつもあのステージに立ってみたいと思っていた。きっと音楽をする者の多くは思うことではないかな。僕もその一人。友人を通してmaiaと知り合い、最初はエンジニアとして、そして、今回はミュージシャンとして関わることになり、念願のフジロックのステージに。もちろん、いつか自分の音楽であそこに立ちたいと思っているけれど、maiaの音楽を支える役で初めてあそこに立てたことは光栄に思う。普段は、本当にナチュラルな女性だからつい忘れがちだけれど、歌を歌う時の彼女は特別な存在であることを毎回、再認識する。
 最初の東京でのライブは、実はリハーサルなしで僕が加わったのだけれど、彼女が言った言葉。楽しんでやりましょう。もし間違えても、それはそのお花にプレゼントしましょう。って胸に飾った赤い花を。きっと僕の気持を和らげようとしてくれたのだと思うけれど、詩的だよなあ。いつか、誰かに言ってやろっと(笑)

 そう、もうひとつ思ったこと。マイアの周りのスタッフ支える人達もみんなそれぞれ素敵な人達なんだ。そして、フジロックでのスタッフも、ドライバーからステージの上の人達も、みんなそれぞれの役目にベストを尽くしている。そんな、力が結集しているんだもの、アーティスト達がいいパフォーマンスをしない訳がないと思ったのでした。

 明日8/2の、NHK BS41 23時からの エルムンドに生出演します。それが終わったら、ひとまず、僕の役目は終わります。
良い7月を経験しました。Maia、Anders、Kris and boys スタッフのみなさんに感謝を。

 数日後、1歳年をとります。大台に乗ります。かなりの大台ですね。しかし、まだまだ若輩者。60歳あたりになってもフジロックに呼ばれるような、ミュージシャンになっていたいものです。

b0060102_193014.jpg



大阪 Meet the world beat
b0060102_1173964.jpg

[PR]
by kkkr | 2011-08-02 01:13 | エンタテイメント

ベースで参加する、Maia hirasawa のライブスケジュールです。

maia hirasawa

7/22(金)ジルデコフェスタ@青山CAY 出演8;45-9:25
      (この日は、数曲のみのサポートの予定)

7/24( 日)MEET THE BEAT 2011 大阪万博もみじ川芝生広場 出演2;45-3:00
      FM802 応募による招待制

7/25(月) @ 青山CAY
OPEN 18:00 – CLOSE 23:00(出演21時から40分予定)
ADV 2,000(DRINK別) / DOOR 2,500(DRINK別)
※前売りにはLIM CODEとclinieでお使いいただける1,000 OFF チケットが付いてきます。
お問合せ: LIM CODE 03-6440-0831
http://www.lessismore.co.jp/#/011911/

7/30(土)
FUJI ROCK FESTIVAL@苗場スキー場
Gypsy avalonステージ 8;30(35min)

8/2 (火)11pm  NHK BS 『エル ムンド』出演
[PR]
by kkkr | 2011-07-21 23:56 | エンタテイメント

MEET THE WORLD BEAT と FUJI ROCKが 決定。

先日、お知らせした、MAIA HIRASAWA のサポート。
2つの出演が決定し情報が解禁となったので、お知らせします。

7月24日(日)は、大阪FM802 のイベント万博公園での、MEET THE WORLD BEAT 2011にも出演。無料招待制だとのことです。

7月30日(土)は、 FUJI ROCK FESTIVAL '11  20:30から、Gypsy Avaronです。

楽しみ!晴れますように...
[PR]
by kkkr | 2011-07-01 23:55 | エンタテイメント

bakayaro

b0060102_14344452.jpg


 救済イベントbakayaroの写真がアップされた。
http://iwasekeigo.jimdo.com/風景/


 演じる人、それをサポートする人、観覧する人、440に集まった人みんなの笑顔、笑顔、笑顔...。募金をすること、物資を送ること、祈ること以外になす術を持てなかったあのタイミングで、みんな、どうにかその想いを表現したかったのだと思う。放射線だって、世界中に届く訳だから、きっとあの日の、あそこにいた人々のヴァイブレーションは形を変えて、被災者の元へ、そして世界に届くのだと思う。

 『日本人はすばらしい!』なんていう意味の言葉がテレビなどで溢れているけれど、(僕は、日本のマスコミ自身が日本人の行動を自画自賛するのに抵抗を覚える)日本だけじゃない。優しさをもつ人々が世界中にこれだけいるんだと知ったことは僕らにとって大きなことだと思う。日本人は、むしろ『人間は、素晴らしい』というべきではないかな。

 自分の力が微力であることは重々承知だ。けれども、それでさえ、あるのとないのとでは世界は、違ってくる。0は、何度足しても、かけても0なんだ。1でいいから行動したい。岩瀬敬吾は、もうbakayaro2を計画している。僕も、自分が出来ることのアイデアをしたためている。息切れしないよう、長く続けたいと思う。
[PR]
by kkkr | 2011-04-03 14:42 | エンタテイメント