ブログトップ

infected dream

idream.exblog.jp

明日の出来事



b0060102_12271128.jpg

昨年から今年初旬にかけて、多くの時間と情熱を傾けた2つのこと。
スタジオ作りと、岩瀬敬吾君のプロデュース。

4月9日、アルバム『明日の出来事』が発売されました。

敬吾がギターボーカル、
溝渕健一郎君がドラム,
僕がベース、
というロックバンド最小単位での曲作りをベースに
僕のスタジオecho and cloudでのレコーディングを中心に制作。

スタジオは、光、雲、風、季節感や、一日の時間の流れがわかる。
3人とそんな外界とのセッション。
サビにさしかかると同時に、雲の合間から光りが落ちる...
夕日の中で、揺れるシンバルがきらめく....
そんなちょっとしたハプニングが、このアルバムの中に、
音として、また、敬吾の歌詞の中に、影響を与えた。

彼の描く詞、メロディーは、強い個性を放っている。
歌ってみればよくわけるのだけれど、容易くは歌えない。
最初は、本人さえ歌い切れないくらい。
心の中の彼自身が、こう歌いたいと思う場所へと、
現実の彼が近づく。
そして、そこに生まれる、ギャップ、がまた新たなマジックが生まれる。


そう、アルバムジャケットも、とってもいい。
手に取ってその感触やら、デザインの質の高さにびっくりした。
写真が、横向きに使われている。
一瞬なんだかわらないけれど、その横向きのままで、
ひとつのデザインになっている。

デザインは、野村真美さん
写真は、船橋珠緒さん


特にタワーレコードでは、試聴機などもあるので、
機会があったら、是非、手にとってみてください。


岩瀬敬吾「明日の出来事」2008.4.9 Release
初回限定盤(DVD付き):¥3,500-(tax in)、通常盤:¥2,800-(tax in)
[PR]
by kkkr | 2008-04-13 12:28
<< 子供からのメッセージ サイコトロビート >>