ブログトップ

infected dream

idream.exblog.jp

もしもピアノが...

b0060102_0505188.jpg

以前の日記にも書いたのですが、
放映が始まったようなのでお知らせしたいと。

阿○寛さん主演の第一○命のCMで流れる、”もしもピアノが弾けたなら”の編曲、制作を担当しました。

30秒のCMで前半は音楽なしというコンセプトなのでほんの少しだけしか聞くことができないのですが、実はワンコーラスあります。チェロは、プリムロウズでもおなじみの、橋本歩さん。アレンジには、いろいろと制約もあっていつものように、自由気まま(?)には出来なかったのですが、美しいメロディーへ、ひとつづつ服を着せていくのは楽しい作業でした。

この仕事の話をいただく、直前に読んでいた本が、「パリ左岸のピアノ工房」。小学校2年から数年、エレクトーンを習っていたので少し鍵盤も弾けるのですが、ピアノは挫折しました。
 中学になって吹奏楽でトランペットを担当し、トランペットで音楽大学へ入りたいと思い大学への必須のピアノを習い始めたのですが、トランペットで大学へ行くなら吹奏楽をやめて、トランペットの先生について勉強しなさいというそのピアノの先生とうまが合わず、ピアノは挫折したんですね。
 今から思えば、他の先生の門を叩いていれば...とも思うのですが。
 
 というわけで、まさに、もしもピアノが弾けたなら...なんですね。スタジオにピアノを持って来たいなと思っていた時に、「パリ左岸のピアノ工房」と言う本に出逢いました。筆者があるきっかけによりピアノ工房に出入りするようになり、自分にぴったりのピアノをみつけ、再度ピアノを習い始めるのですが、この本を読んでいた、そんな時に、この曲の編曲の仕事をいただきました。シンクロニシティーを感じますねえ、本当に。

 歌の先生が亡くなられた時やっていたのがこの仕事。歌謡曲に縁遠い僕で、この歌も、今まで僕にとっては特別な歌ではなかったけれど、特別になりそうです。

 そして、今日、書店で、バッハのインベンション(楽譜)を買ってしまいました。
[PR]
by kkkr | 2007-12-29 00:51
<< Brand New days slow down >>