ブログトップ

infected dream

idream.exblog.jp

長野ツアー

neon hallでのライブの翌日。

10時にロビーに集合したメンバー&スタッフ。長野観光にワクワク。

まず、向かったのが、戸隠(トガクシ)。長野市内から1時間くらいだろうか、車でどんどん山の中へ。中社の、樹齢千年の杉の木があるところ。あまりに、すごくて抱きついてしまいました。
まずは、そばを食す。(昨夜の市内でのそばも美味しかったけれど、さらに!旨い)。そばは、ぼっち盛りと呼ばれる、一口ずつ5つの束で出された。これは、戸隠の五社を意味するらしい。また、蕎麦は、僧侶が簡単に食事を済ませるためのものだったらしく、最初は、ただこねただけの、麺には、なっていなかったらしいですよ。

蕎麦を食した後、中社へお参り。
大杉のところから、急勾配の石の階段を上がると社。山岳信仰からの流れの神道らしい雰囲気が、山、社、空気に満ちてました。

おみくじは、年齢を告げると、神官が祝詞をあげ、おみくじを選んでくれるという、いままでにないやり方で、なんとなく有り難い感じが。いただいたのは、吉。いろいろと、思い当たるようなことが...。


戸隠で、お腹と、スピリチュアルな満足感を得た後、安曇野へ。
わさび園と、安曇野絵本館へ、みんなを案内。
tomzuin-h君は、いわなの丸焼きを、食しご満悦! うん、確かにうまかった。
わさびは、綺麗な水に洗われるように育つんですね。
b0060102_193316.jpg


安曇野絵本館は、大人のための絵本館。 91年に、始めて伺って以来、大切に思って来た場所。あの場所でいつか、音を出したいとずっと思って来た場所。メンバーを無理矢理連れて行きましたが、何名かは?楽しんでくれた模様。

そう、縁を感じることがひとつ。

以前、ペルシャ絨毯について書いたと思うのですが、
この日に展覧してあった原画は、その絨毯についてのお話でした。
なにか、繋がっているんですね。

絵本館を後にして、

一行は、最後の楽しみ温泉へ! ファインビューという少し高台になった温泉。
汗を流し旅の疲れを流し、、、と言いたいとことですが、
旅の最後の温泉、そして、食事、そして運転は、危険ですね。

旅に同行してくれた、素敵面々。

きじくん、さるくん、いぬくん、、、じゃなくて

ながたろう君、トムズインエッチ君、くどう君、まきちゃん、歩ちゃん、まめちゃん
お陰で楽しいツアーになりました。ありがとうね!

b0060102_1924213.jpg

[PR]
by kkkr | 2007-04-09 19:05
<< GILBERTO GIL 19... live at 長野 neon... >>