ブログトップ

infected dream

idream.exblog.jp

15秒の音楽

15秒の音楽。テレビコマーシャルの音楽。普段の生活の中での15秒でできる事。動作の一部分ではあっても、15秒で完結することはそうはない。15秒というのは、例えば♩=120のテンポなら、♩が30個分の音楽。実際は、もっと短い。制作者は、与えられたそれだけの時間の中で、どれだけ伝えたいことを伝えられるかという難題に臨み想像力を働かせる。コンテや仮編集などを見て音楽を作る。具体的にこんな曲でと、注文されることもある。制限があればあるほど、その制限の隙間をぬって元曲よりもさらによい曲を書きたいって思う。期待をよい意味で裏切りたいと思う。CMの仕事もさせてもらっていながら、テレビがない、見ないのはステレオタイプな音楽を作りたくないからということもその理由として大きい。

しかし、音楽って凄いね。ナレーションと映像だけのものに音楽をのせた時に起きるマジック。一瞬でひとの想像力を牽引し、感情をも動かす。音楽をつけることは、例えていうなら、作られた仏に、魂を入れる祈りのようなものだとそんな風に思っている。そして、時には、どう?この音でとんでもなく素敵になったでしょ?なんて、心の中でほくそ笑んでいたりすることもあるのだ。(笑)

明日は、15秒のために、1週間、心を向け続けた音を監督に聞いてもらう日。気に入ってもらえるといいな。



追記/大変好評でした。めでたしめでたし。
[PR]
by kkkr | 2012-11-19 23:47
<< ライブ 2013.1.12.sat 因数分解と音楽 - その2 >>