ブログトップ

infected dream

idream.exblog.jp

明日も、実験準備室に行ってきます。

一昨日、今年初めての、the primroseのリハーサルをした。今回は、another guitarに永田太郎君。シンセベースに、佐々木亨君。そして、ドラムは、新しくmaki999を迎えて。the primroseとしては、初めての女子ドラマー。
 彼女は、今は休止中?の僕も参加していたyamyamy, 以前jupiter-g企画で参加してもらったmetro999のドラム。去年秋、プリムを再始動させてから、3人目のドラマー。一人プリムになって、4ヶ月。いろいろな人に参加してもらいながら楽しんでいる。いろいろなミュージシャンが集まって、サポートしたり、セッションしたりすることがあるけれど、自分主導のプリムでの元、メンバーの違いによりこんなに音が変わるのかと、当たり前ながら感心している。しかし、ドラマーはその中でも、顕著だと思う。
 オリジナルメンバーの、横山こうじは、独特のグルーブを持っていた。プリムは、ロックフィールドにカテゴライズされると思うのだけれど、彼の根底には、黒人音楽があったように思う。それによって、ある意味ヒップホップのトラックのようなグルーブを持っていた。それと、衣笠のなんとも言えないカテゴライズできない個性的なベースとで、プリムのリズムは支えられていた。
 10月にお世話になった、HIROTH君は、元SUPER STUPID。彼の刻むビートは、 まっすぐまっすぐ進みエモーショナルに山を超えていく!って感じだった。
 12月にお世話になった、富士森さんは、元マンボボーズ。僕は、知らないのですが、もともと大学でビッグバンドジャズをやられていたそうで、大人のクールな雰囲気があった。もう少し、時間をかけて、そのあたりのかっこよさをプリムにも持ち込んでいけたらよかったんだけれど、少々時間的に無理があって、残念にも思っている。

 さてさて、 maki999は、その辺にはいないです。彼女を最初に見たのは、もう5年以上前かな。まだmetro flavorと名乗っていたころで、彼女のプレイが良くて、ライブ後に声をかけた。それから、しばらくほそぼそと連絡をとっていたのですが、一昨年の夏、あるイベントのために自分が面白いなあこの人たちと思った人ばかりを集めて、ライブをした。それがyamyamy。
 なんとも表現しにくいのだけれど、彼女のプレイには、隙間が存在する。絵の具ですべて塗ってしまった西洋がではなく、日本画、墨絵のように、隙間が存在する。粋なんです。こんな、ドラマーに会ったことはない。プリムで、彼女の良さを最大限引き出せるようになるまでは、一緒に曲をも創り始めてからになるかもしれない。が、今度のライブは、ある意味、科学の実験みたいに感じている。この青い液(プリム)に、このオレンジの液(maki999エキス)、入れたらどうなるんだろう。シュワシュワーって煙が出て、みんながぶっ倒れるかもしれない。いや、思ってもないおいしそうな香りが漂うかもしれない。いやいや、ぼか===ン!ってなって、髪がちりちりに・・・(笑)。予測がつかない。でも、なにかおもしろい反応が起こることには違いないと、1回目のリハで確信した。楽しみだ。

明日も、実験準備室に行ってきます。
[PR]
by kkkr | 2005-01-21 03:54
<< 天才? あの日も起きていた。 >>