ブログトップ

infected dream

idream.exblog.jp

14年ぶりの新作。dip in the pool の brown eyes が届いた。



エンジニアとしての仕事で、睡眠を削らねばならないようなことがずっと続いていた日々も一区切り。ミックスが全て終わり、確認日の朝、午前中早く起きて、日溜まりの中、久しぶりに丁寧にコーヒーを淹れて、ポットにも用意して
針を落とした。(そんな感じ。実際は、CDをトレイに)

Auroraeが発売されたのが、91年。僕が、Forlife から 井上鑑 氏プロデュースでOWL(アウル)というバンドでデビューした年。
これから始まる音楽人生への期待と、責任のようなものを感じピリリとした気分で、少しずつ歩み始めた年。
音楽シーンには、芸術性溢れるアーティストが元気で、僕は、むさぼる様に新しいものを聞いていた。ほとんどが、洋楽だったのだけれど、dip in the pool/Auroraelは、邦楽で買った数少ないCD。大阪梅田のWAVEで購入したことを覚えている。ポップであり、スタイリッシュであり、刺激的ではあるけれど、とげとげしていないその品の良さ、そのスタイル。アーティストにも、音楽にも憧れを抱く作品でした。
そんなこともあって、14年ぶりの新譜。期待をしつつ、しかし、期待し過ぎても...という気持に揺れながら。

1曲目のイントロ、数秒で、懐疑心や、期待や、いろんな思考は一瞬にしてどっかへ行ってしまい。ただただ、音の海の上に浮かんでた。
dip in the pool的普遍性が、言わば母の愛のようにそこにあって、懐かしくもあり自然な形の”今”がここにある。いろんなことがあり世界は変わったかもしれない。が、大丈夫、大切なものは失っていない。そして、新しい世界は、一秒一秒、更新されている。そんな安心感と至福感と共に、静かに涙が体中を流れる。

これ以上語るまい。
youtubeでも、少し感じることが出来るけれど、CDでちゃんと聞いて欲しい。気持ち良さが、全然違う。
[PR]
by kkkr | 2011-12-20 21:39 | 音楽
<< I wish.. プロペラ >>