ブログトップ

infected dream

idream.exblog.jp

air-ing を聞きながら

b0060102_121579.jpg

4月11日

そうだ、君の誕生日。

air-ing を聞いています。

おめでとう。bice。


本当なら今日で、君も僕と同じ40代に突入するはずだったね。

そっかあ、君は、こんなに素敵な季節に生まれたのですね。

そっかあ、だから、桜色がよく似合ったんだね。

君は、どこかで、この春の桜を、見ていますか?

世界は、今、大変なことになってるよ。

たくさんの、悲しみや苦しみ。

まるで、SF小説のようで、まだ悪夢の中にいるようだよ。

それでも、非情なくらい、桜が咲くこの季節は美しい。

僕も、あと何度、この桜を見ることができるのでしょうか。

そんなことを想うと、目の前に落ちてくる花びらのひとつさえも、

愛おしく感じるようになった。

君がいなくなったことも、まだまだ現実とは思えないけれど

少し、穏やかに想うことができるようになれた。

”靴の先にそっと染み込んだ悲しみ、乾きますようにゆっくりと”

と君は歌う。

そうだね、僕も、願おう。

今、悲しみの中にいる人が、

また、穏やかに、桜を眺める日が来る事を。



今年の桜も、特別だね。
[PR]
by kkkr | 2011-04-12 01:20 | 日常の中の特別
<< 水面の桜 4月の夕暮れ >>