ブログトップ

infected dream

idream.exblog.jp

Tibet Tibet

在日韓国人である自らのアイデンティティを確かめるために旅立ち、ダライ・ラマとの謁見し、メッセージを預かるまでになった太郎君(日本名)の真の意味のロードムービー、チベットチベット。この度正式にDVDになったそうです。まだ、ご覧になってない方は、是非!

---------------太郎君からのメッセージ----------------------------
こんばんは、キム・スンヨンです。
この度、念願だった『チベットチベット』のDVDをUPLINKから発売することができましたのでご報告いたします。



思えば97年、親には「上海中医薬大学へ留学する」と嘘をつき学費をせしめ、
2年ぐらいのつもりであてどの無い世界旅行を始めたところからこの映画ははじまっていました。
その後、導かれるようにインドのダラムサラへ行き、チベットの現状に感情移入するあまり、
その場で映画を作ることを決意しダライ・ラマ14世へ取材を申し込んだことはご存知の通りです。
しかし、なぜ自分にこれだけのアクションが起こせたのか?
どうして今までモチベーションを維持できたのか?自分でもわかりません。

最初に僕に旅の魅力を伝えてくれたのは『兼高かおる世界の旅』
民族性を深く考えるきっかけをくれたのは在日三世という境遇。
ダラムサラで映画ができる保証も無いのに撮影を手伝ってくれたルンタプロジェクトの中原さん。
帰国して何の保証も無いのにチベットのために一緒に編集してくれた梶愛君。
チベットの平和のために無償で音楽を提供してくれた大勢のミュージシャン。
映画を作ることにも、それを広げていくにはさらに多くの人の協力が必要でした。

そう思うとみんなのチベットへの想いが繋がり、共鳴し合うことにより、
『チベットチベット』という映画に押し上げていったという美しい事実を受け入れざるを得ません。
このこと一つをとっても「世の中捨てたもんじゃない」と思います。
『チベットチベット』に関わってくださったみなさま、本当にありがとうございました。
僕は『チベットチベット』から本当に多くのことを学びました。


このDVDの発売により、今後さらに多くの人にチベット問題の入門編を届けることができます。
日本語なので見る人もほぼ日本人ですが、それでもきっとチベット問題解決を早める遠因になると思います。
人類がチベット問題を克服できれば、他の諸問題の解決にもいいお手本になります。
どうか、このDVDの宣伝にご協力くださらないでしょうか。
そして今後ともキム・スンヨンの奮闘をご期待ください。
よろしくお願いいたします。


『チベットチベット』監督 キム・スンヨン(金昇龍)

◇UPLINK
http://www.parco-city.com/mall/commodity_param/shc/18upl138/ctc/+/cmc/ULD-551/backURL/http%28++www.parco-city.com+mall+main.jsp

◇Amazon
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%81%E3%83%99%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%81%E3%83%99%E3%83%83%E3%83%88-DVD-%E3%82%AD%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%B3%E3%83%A8%E3%83%B3/dp/B003G7RRUK/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=dvd&qid=1275656018&sr=1-1

6月26日、横浜開港記念館にて『チベットチベット』上映イベント(詳細未定)
6月28日、UPLINKにてDVD発売イベント予定(詳細未定)
詳細決まり次第ブログでお知らせいたします。
キム・スンヨン ブログ
http://ameblo.jp/tibet-ragos/
[PR]
by kkkr | 2010-06-06 01:27
<< 旅がしたくなりました 鳩山さん辞任 >>