ブログトップ

infected dream

idream.exblog.jp

密の味

紫色のツツジは、春雨に朝によく似合う。

 ヨガクラスのある小学校後の校舎は、僕が7歳の時に転校していったあの神戸の小学校と似ている。学校なんて、きっと文部省が決めた規格通りに建てられるものだから似ているのは当然かもしれないが、あの頃の感覚がふと蘇って、何十年も前のことなのに、一瞬あの頃と意識が交差した。
 ヨガの教室は、家庭科室を改造し、フローリングにしてあるだけのシンプルさで迎えてくれる。雨の日の湿った教室。雨に濡れたスニーカーが、きゅっきゅと音をたてて、廊下に響く。
 マットの上に座ってクラスが始まるのを待つ。雨に濡れた服のまま1時間目が始まるのを、湿った机の上の傷を撫でながら、いつもと変わらぬはずの外を眺めて先生が来るのを待ったあの頃を思い出して顔がほつれた。

 小学校2年で、ませガキだった僕には好きな女子がいた。(女子とは、あの頃の言い方だ)岡田さん。岡田さんの家は、学校から、僕の家と反対の方向にある石屋川という小さな、けれども水流の早い川の向こうにあった。ある日、僕は岡田さんのお家に遊びに行った。大きなお家で、気後れしたのを覚えている。母屋に入って庭に出るとそこに小さなプレハブの岡田さんの部屋があった。部屋の中に入ったのかどうかは、よく覚えていない。覚えているのは、庭の芝生が眩しかったこと。そして、もうひとつ。帰り際に、岡田さんの兄、多分小学校高学年のくそガキ!岡田さんのうちに飼っていた大きな犬を、僕に向かってけしかけた。動物を飼ったことがなかった僕は、自分と同じくらい、もしくは、それ以上(に感じた)大きなその犬に心の中で怯えた。が、しかし、ここは男だ。大好きな岡田さんの前で、怖がるわけにいかない。やせ我慢をして踏ん張って、怖くなんかないさと冷静を装った。岡田さんは、兄に向かって、やめるように言ってたように思う。つまり、やせ我慢は、ばれていたのだ。兄は、おもしろがって、綱を弾きながらぎりぎりまで近寄せる。そして、とうとう、その犬が僕に飛びかかった。今から思うと、飛びついて顔を舐めたのだと思う。が、その恐怖に僕は、耐えられず、うわあああ、といって後ろ向いて走って逃げてしまった。くそガキの笑い声と犬の吠える音を後ろに感じながら。大好きな岡田さんは、僕の逃げる姿を見て笑ってたのだろうか。心配してくれてたのだろうか。どちらにしても、僕は、失恋してしまったのだ。切なかった。その後のことは覚えていない。
 
 ヨガクラスが終わった後、校舎を後にし、校門まで行くと、水浸しだった。山用の靴を履いていたから、ジャバジャバと入って行った。黄色い長靴のあの時と同じだ。学校の外の歩道に、紫のツツジが鮮やかに咲いていた。思わず花を近づけて匂いを嗅いだ。あの頃の様に、花を取って蜜を吸おうか。いやいや、後ろには、クラスで一緒だった人達が歩いている。蜜の味は覚えている。

---------

火曜は、ライブ。
仕上がり具合は、上々。
メンバー紹介を...
ドラマー、神谷君!
僕は、ウーリッツァというエレピとギターを...。


渋谷7th floor
4/28(tue)
hajimeinoue presents “Layered”
hajimeinoue and motion flow band /
the primerose
DJ:白石隆之 / sinsen
open 20:00/start 20:00
adv ¥2000/door ¥2500[1d別]
http://shibuya-7thfloor.blogspot.com/
b0060102_433124.jpg
b0060102_4333347.jpg

[PR]
by kkkr | 2009-04-26 04:32
<< gradation of th... 資生堂マキアージュ On Air! >>