ブログトップ

infected dream

idream.exblog.jp

その空間のためだけの音楽

b0060102_224379.jpg



Takram監修で作られた、TOSHIBA水素エネルギーシステムのショールームHydrogen Energy R&D Center、での音楽を担当いたしました。(残念ながら一般公開はされていないのですが。)

日本中に、世界中の人に聞いてもらいたいと願いながら発表する音楽もあれば、その場所、空間、そこに来る人のためだけの音楽も。音楽は主体ではないけれども、その空間の景色や時間の流れさえ変えることができる。エゴを出来るだけ押さえつつも、ただのBGMにならぬように、自分らしい音を選びその空間に来る人のために創る音楽。プレッシャーを感じながらも、うまく行った時には、その場に魔法をかけた魔法使いになったような気分になれるのです。

今、国内外、期間限定のものもあれば、常設のもの、場所や、乗り物など、公開されるもの、閉じた空間のもの、公言できないものも含めて、少しづつ増えて行くことに、ほくそ笑み、喜びを感じています。映画音楽が好きだった小学生時代、今、景色に空間に音楽を創っている自分、変らないのかもね。

そして、今、東京大学で『はじめての真空展』が。
良く響く、トンネルのような回廊を持った空間。その場所の特徴を活かせるように、設備を整え、作曲しました。真空?難しそう...という人にも、楽しめる展示、空間です。そして、校内の風景も素敵だったり、学内のレストランのリゾットが美味しかったり(笑)。1期はもうすぐ終わってしまいますが、是非。







.
[PR]
# by kkkr | 2016-06-11 02:20 | 音楽

真空のための音楽

b0060102_1829132.jpg

b0060102_18231114.jpg

photo by Kaz Yoneda

 『はじめての真空展』
この展覧会への音楽制作依頼を受けた時に、まず考えたこと。「真空にはどんな音が似合うのか...。ん?真空では音が伝わらないじゃないか…。」から始まった真空への音楽制作。

 真空について調べてみた。
『絶対真空とは空間中に分子が1つもないこと。人工的に作ることのできる真空状態では、1立方センチメートル中に数千個の気体分子が存在する。外宇宙と呼ばれる銀河と銀河の間にも、気体分子が存在すると言われている。』とのこと。よかった、そこに音が存在する可能性は、0ではなかった。つまり、真空展に音楽を作ることの矛盾はかろうじて避けることが出来た。

 現場は、昔、風洞実験に使われたという逆U字型のトンネルのような空間と長方形のフロアが繋がっている。U字のトンネルの入り口は、丸いデザインで、映画に出て来る宇宙ステーションのような感じ。音響設備を持ち込んで音の流れを実際に出してみた。予想通りかなり長い残響が残る。U字トンネルの方に1つ、長方形の方の空間の両隅にひとつづつ。合計3つのスピーカーを置く事にした。その昔、風洞実験で、風が通ったように、音が流れて、通り抜けるように。

 さて、どんな音楽を創ろうか。”実”と”虚”。普段音楽を創る時は、ひとつづつ音を重ねて、”実”=”音”の方だけに意識を置いている。今回は、”虚”=”音のない瞬間”にも、同等に意識を向けてみよう。水墨画のように残された”虚”部分が、大切になる音楽を創りたいと思った。

 スタジオで、前に2つ、後ろに1つのスピーカーを配し、実験?(作曲)をした。結果、4つのコンセプトが出来て、25分ほどの組曲(と読んでいる)が出来上がった。3つのスピーカーから同時に同じ音が鳴る瞬間はない。3つの音の直接音を同時に聞くことの出来るスウィートスポットはトンネルの入り口付近の1カ所。そこで、聞くと、3方向からの音が飛び交い、非日常な心地良さ(と望みますが)を味わう事が出来る。また、そこから離れてることで、聞こえて来ない音、遠くの遅れて聞こえて来る音、特別な音楽が生まれる。25分ほどの組曲、その場所にいる時に、ある曲のある部分が流れる瞬間は無二に等しい。場所と時間(音)が重なることで、それぞれの特別な瞬間が生まれる。

 ピアノ、チェロ、とプログラミング。出来た音楽の全体像は、このところの僕の音楽とさほど変らない。しかし、真空、虚、ガラスに閉じ込められた空(くう)、宇宙の星と星の間になにもないとされている宙(そら)、そんな捉えどころの無いものへ思いを馳せて創った音楽は、両面白のリバーシブルのシャツを裏替えすほど、見た目は、大して変りはしないけれど、自分では、全然違うものになったような気がする。

 身近にある真空から、最先端で、使われる真空状態、宇宙、そんな事を垣間みれる展覧会。音楽は、伏線のひとつだけれど、そんなことを考えながら生まれたあの場所、ある期間だけの音楽も、意識して貰えたら(or 無意識で感じて貰えたら) 幸いです。

Thanks for Kaz Yoneda and Mai Tsunoo
2015年6月1日 松井敬治

『はじめての真空展』http://www.hayashi-fund.iis.u-tokyo.ac.jp/exhibition/events.php














.
[PR]
# by kkkr | 2016-06-01 18:29 | 音楽

安曇野絵本館

b0060102_2352448.png


90年だったかな、大阪の緑地公園駅にある天牛書店というお気に入りの古本屋で見つけた、東山魁夷『コンコルド広場の椅子』という本に魅せられ、長野の東山魁夷美術館へ絵を見に行きたいと思った。『コンコルド広場の椅子』は東山魁夷氏が、パリにいたときに水彩で描いた絵本のようなもの。その空間と、まぶしいような色彩。パリにも行ってみたいと思ったし、もっと東山魁夷氏の絵を見てみたいと思った。その初冬、レコード会社と契約し、しばらく自由な時間とれないかもしれないと短い旅に出た。

 長野市に行く途中、安曇野で一泊し辺りを散策した。旅のしおりに書かれた場所を何カ所か巡ってそれなりに楽しんだ後、車で林の中の道を進むと、安曇野絵本館という書かれた小さな木製の看板を見つけた。その案内に導かれて行った森の中に立つ絵本館。子供のものである絵本を大人にも開放したいとオーナーが自力でたてた絵本館でした。その時、ちょうど、ポーランドの作家、スタシス・エイドリゲヴィチウスの原画展が開かれ、その絵にとても惹かれ、そこから生まれた音もその後のレコーディングに影響したほど。展覧会の最後には、お茶が振る舞われ、きらきらと目を輝かせて微笑むオーナーと何時間も話し込んでしまった。

 音楽で生きて行く上で、あの場所は、ある意味原点のような場所で、ことあるごとにそこを訪れては、初心を思い起こしたり、新たに経験したものを整理する時期に訪れたくなる大切な場所だった。今回の絵本とそのサウンドトラックという作品は、ある意味、どこかで、あの場所へ再び辿り着きたいとどこかで思っていたように思う。

 先日、絵本館のオーナーに、今回の作品『Flight』をお送りし見てもらった。そして、置いて頂けることに。が、7月6日を最後に絵本館を閉じるとの報告を受けた。実は、前回に行った時に、もしかするとそろそろ閉じるかもしれないと聞いていた。その時が来たことを知って寂しくてしようがない。だが、20数年、定休日以外をずっと絵本館で過ごされたオーナーご夫妻、この辺で、少し休んで旅に出たいとのこと。いいですね。僕としては、いつまでも存在して欲しい特別な場所ですが、それは、メランコリックであり、わがままというもの。自由に羽ばたいてもらいたい。

 僕の作品が、あの絵本館に置かれることは、僕にとって本当に嬉しく特別なことです。あそこから、始まった音楽が、あそこへ還る、そんなふうにも思える。あと、2ヶ月足らずではあるけれど、間に合って良かった。

安曇野絵本館
[PR]
# by kkkr | 2015-05-11 02:35 |

『森を抜け、海をこえ、街から街へと旅をする鳥たちのための絵とサウンドトラック。』

b0060102_2114561.jpg


さて….
この日を待ちわびて、僕の首はキリンのようになりました。


『森を抜け、海をこえ、街から街へと旅をする鳥たちのための絵とサウンドトラック。』
”Flight" Kan Fukuda + Keiji Matsui
SONG X JAZZレーベルより4月29日発売です。
予約開始。初回限定250、Kan Fukudaによる直筆イラスト付き。ハイレゾオーディオ24bit/96k wav/ mp3ダウンロードカード付。

Pictures and the sound tracks for birds in the trip
" Flight " Kan Fukuda + Keiji Matsui
29th April 2015 out from SONG X JAZZ

Over sea order > give a message from "CONTACT" on
ECHO AND CLOUD


詳しくは
SONG X JAZZ
ECHO AND CLOUD
まで。


ありがとうございます。
                     松井 敬治













[PR]
# by kkkr | 2015-04-08 21:00 | 音楽

インタビュー

b0060102_19163813.jpg


今日の午後は、絵本との音楽作品 Flight のライナーノーツ的なものを書いていただくための、インタビューを絵を描いた福田寛さんとともに受けた。一枚一枚の絵や曲を丁寧に見聞きしてくださったことを感じるインタビュー。作り手は右脳的に(この言葉はあまり好きではないが)作った作品についてインタビューされることで振り返り考える。言語化したりされることで自身の作品についてこれまで気がついていなかった想いや新たな魅力を知る事が出来る。時には勇気づけられることも。

今日は、なにより、絵を書いた福田君と、当人同士では話さなかった作品を生み出したときのそれぞれの思いや経験を知ることになった。あらためて彼と絵と音でひとつの作品を創ったことを良かったと思った。

久しぶりに公園を歩いたら、桜が咲き始めていた。
[PR]
# by kkkr | 2015-03-26 19:20 | 音楽

Flight

アルバムFlight 。先ほど、デザインとCDのプレスを最終入稿。制作用のフォルダーのデータはなんと615GBもあった。

2011年4月が最初のデータ。あれから4年。震災直前に、絵描きの福田君と計画した作品。震災でまるっきり世界が変ってしまったように感じ、しばらくなにも手につかなかった中、震災以前にやろうとしていたことを淡々とすることが悲しみで満ちた情況へのせめてもの抵抗であり、そして自分に出来るささやかなことと感じながら、曲を書いたことを覚えている。何度も完成だと思いつつその何度も発表しなかった、出来なかったのは、今のこの最終形を待っていたのかもしれないとさえ思う。

たくさんのひとに届かなくてもいい。この作品の絵を眺めているとき、音楽を聞いている時間が、幸せな時間だと感じてくれる人、この作品と親密になってくれる人がいてくれるなら、幸せです。発表は、もうすぐ。
[PR]
# by kkkr | 2015-03-26 03:25 | 音楽

絵本音楽作品。"flight"について

b0060102_01372115.jpg

ギター、ベース、ドラム、ピアノ、オルガン、コントラバス、チェロ、フルート、コルネット、歌、録音、ミックス、マスタリング、デザイン... 全てをひとりで。

絵画などアーティストは、多くの場合その作品をひとりで作り上げる。孤独な時間。絵を描いてくれた福田寛くんと絵本と音楽でひとつの作品にしようと決めた時に、この音楽については彼と同じように一人でやろうと決めた。全ての楽器を生で演奏して録音しようと。

誰も何も注文しない。が、一番のうるさいのは自分。恥ずかしながら、ひとつのパートを100テイク以上とってやっとokしたものもあった。それぞれのトラックに意味があり、こだわりがあるけれど、時には、何が大切なのかを感じ、選ばなくてはいけないこともある。何度か完成し発表しようとしたにも関わらず、最後の一歩を踏み出せずにいたのはそこに少し迷いがあったから。セルフプロデュースのなんと難しいことか。そんなことをひしひしと感じながら、最期の足掻きを。発売日は決定。今度こそね。

















[PR]
# by kkkr | 2015-02-19 01:36 | 音楽

ライブ@七針が決定 222

b0060102_21352596.jpg
 Kyoooさんの2ndアルバムのレコード発売記念のライブにお誘いを受けました。

 Kyoooさんとの出会いは、数年前のあるイベント。凛とした佇まいから発せられるピアニシモの世界。まるで、箱庭の中で繰り広げられる世界、物語には、ちゃんと風も吹き鳥も飛んでいた。
 その後、kyoooさんのライブにゲストという形で、参加させてもらった。きっと2度と出来ない、あたりまえだけれど、近いことも出来なさそうな、特別の音を紡ぐことが出来たと思う。
 そして、昨年、2ndアルバムをecho and cloud で録音。彼女がつま弾くギターと歌だけ、ダビングなしのレコーディング。エンジニアとして、その時間を取りこぼさぬよう背筋を正した。今回は、その彼女からのライブオファー。嬉しいことです。しかし、222とは、きっと猫好きだな。彼女。

さて、僕は、どんなライブにしよう。


八丁堀 七針
2015.2.22, 15:30open/16:00stage
¥1800

ライブ/
kyooo, 松井敬治 (the primrose)
朗読/歌人•小説家  雪舟えま



kyooo - 呼吸 (Live at 七針, 3 May 2014)


[PR]
# by kkkr | 2015-01-20 21:39 | ライブ

1995.1.17

20年前のこの時間。僕は起きていた。リビングのピアノがゆらゆらと部屋の真ん中まで移動し、家具は全て倒れ、物と一緒にシェイクされるような状況とその時間の長さに地震だとは思えず、地球の終わりなのかと思った。そして家族や親戚の無事を確かめるために50ccのバイクで走り回った。その時のあの光景は20年経った今も忘れることはない。あそこにいた全ての人達にとって、あの瞬間の前と後は、まるで繋がりのない物語を継ぎ合わせたようだと思う。あのとき命を落とした人達の中の一人に自分も含まれていても不思議はなかった。20年経った今、今さらながらではあるけれど、あそこからは、extra な(的確な日本語がみつからない)時間を戴いたのだなと思う。
 その春、東京に出て来て20年。与えられたそのextraな時間を、充分に生きて来たのかと問われるなら、心は半々に分裂しそうになるけれど、こと音楽に対してのみ、きっとこういう風にしかやってこれなかったんだろう、自分なりのやり方でくねくね曲がりながら歩いてきたように思う。いつまで猶予があるのかは解らないけれど、出来ればこれまでよりより濃密に音楽と共に生きて行きたいと思う。
 阪神大震災、東日本大震災で、命を落とされた方々のご冥福をお祈りすると共に、その家族ご友人の悲しみに僕達が寄り添うことが出来ますように。
[PR]
# by kkkr | 2015-01-17 05:28 | 日常の中の特別

冬の朝

b0060102_472023.png

このところ、作っていた曲。ある日、朝まで夢中になっていたのですが、ふと外を眺めると雲の流れがとても早く、そして、プレイされていた音がまるで、その景色のサウンドトラックでした。自分にとっての音楽は言いたいことを伝える手段ではなくて、目の前にある、もしくは記憶になる景色、情景へサウンドトラックでした。そんなことを思い出させる瞬間でした。

みなさんにとって、良い2015年になりますように。
ありがとうございました。

松井敬治
[PR]
# by kkkr | 2014-12-31 04:05 | 日常の中の特別